2013年04月18日

「リハーサル」

今日はオーケストラのリハーサルの日でした。
そう。ひでぶーはセブのオーケストラで演奏しているのです。
もちろん楽器はクラリネットです。


リハーサルって何だろう。僕がこっちのオケに入ってからずっと抱えている疑問です。
音楽をやってる以上、演奏には二種類。本番か、練習か。
さらにその中で、練習は『練習』と『リハーサル』に分けて考えていました。
リハーサルとはすなわち、「本番直前に行う、本番通りの進行を想定した最終練習」だと
日本では捉えてきたのです。

さて。なんでこんなこと考えるようになったか。
なぜならうちのオケでは、日曜日の14時〜17時、週に一度の「リハーサル」があり、
「練習」と呼ばれるセッションはないからです。
本番が控えていようがいまいが、関係ない。皆が集まって曲を弾くのは、リハーサル。

うーむ。これはリハーサルなのか?


今日は水曜日。イレギュラーな日程で「リハーサル」が行われたのにはもちろん理由が。
明日は本番なのです。明日演奏する曲をソリスト含めひたすら合わせました。
僕は思います。「そうそう、これだよ。これがリハーサルだよ。」


リハーサルが進む中、心のどこかでこの「リハーサル論」が頭の中から離れません。
0.5拍早くティンパニを叩いてしまうパーカッションや、ミの音のソロで堂々とシの音を奏でる
ホルン、ここは戦場か?と突っ込みたくなるような勇敢なスタッカートをキメてくるトランペット
の面々に、背中で殺気を示しつつ。

なぜこいつらは練習をしないんだ。
なぜひたすら「リハーサル」して「練習」しないんだ。

答えは単純でした。

こっちの人は、皆で顔を合わせて、曲を一緒に演奏する時間がたまらなく好きなんでしょう。
個々で黙々とエチュードやスケールをこなしていくことに、やりがいを感じないんでしょう。

日本ではどんな楽団でも、日々の練習の中にトレーニング性が強いコンテンツが含まれていると思います。
中学・高校の吹奏楽部なんて、合奏しているうちの半分以上は、曲ではなく、バンドトレーニングだよね。
これを「リハーサル」とは呼ばないな。これはまさしく【練習】だ。

一方。セブのオケ。
集まってやることと言えば、ただひたすら「曲を合わせる」
なるほど。そういう意味では、いつだって【リハーサル】なのかもしれない。

音楽を心から楽しんでるのは、どっちなんだろう。
音楽を心から楽しむ可能性を持っているのは、どっちなんだろう。






ここでは、アンサンブルの醍醐味が、置いていかれてる。もったいない。
僕はやっぱり、ちゃんと練習に向き合う音楽を仲間たちとやっていきたいな。
そんな文化を少しずつ、育てていきたいな。

完璧主義的で、少しのミスでも目じりを釣り上げてしまいがちの日本。
楽観的で、その場で皆がポジティブな気持ちで居られればいいフィリピン。

この2つの性格を、音楽というフィールド上にてうまく同地点に着地させることが出来たら、
きっととてつもなく深く明るい幸せが待ってるんじゃなかろうか。
セブンスピリット、そんなところに向かってやっていきたいと思う。


↑最近の子ども達。

とりあえず。明日の本番は、楽しむことだけに意識を集中して吹いてこようかな。
posted by ぷー at 02:59 | Comment(0) | 音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

体力

このブログでの更新はやめます宣言をして数か月。
やっぱり書きなれた「ひでぶー」の方が向き合いやすい。
そう思い、帰ってきました。
マイペースに、吐き出したいことだけを書く備忘録的なブログになりますが、よかったら、またお付き合いください。

この4月で、大学を卒業して1年となりました。
新卒でいきなりセブにやってきて、語学系の仕事やNPOの仕事をしながら過ごしてきたのですが、僕はこの1年で何か出来るようになったことがあるだろうか。成長したことがあるだろうか。そう考える時間が増えてきました。

正直にいえば、この1年は心と身体がなかなかうまく噛み合わない時間だったなぁと。
社会人として自分がどんな活躍を出来るのかワクワクしながら始まった新生活。
しかしながら、僕の内臓は疲れ切ってしまっていたようです。

これでもかと毎晩(“毎日”、と言った方が語弊がないですねw)飲みまくった大学生活。
休肝日などと言うものを自らに与えず、ストイックに飲酒を続けていたところ。
22歳にして、最近話題の「逆流性食道炎」に苦しむことに。

とは言ってもです。大学に入るまで引き籠りのような生活を続け、他人との距離の取り方もわからなかったこの僕が、なんとか人付き合いを出来るようになったのは、ほかでもないビールのおかげ。
去年の僕は体調が優れないからと、すぐに酒断ちを出来るほど、強い心は持ち合わせていませんでした。

結果、仕事のストレスと比例して飲酒量も増加。
飲酒量と比例して体調も悪化。
体調と比例してストレス増大。
という間の悪循環に吸い込まれていってしまいました。

そして気付いたころには取り返しのつかないところまでやってきていた。
年末に死ぬ思いで飲んだ胃カメラ検査の結果、食道炎は「食道裂肛ヘルニア」なる症状に発展し、
食道と胃の仕切りがなくなり、胃の内容物が延々と食道に逆流しているというのです。

液体を飲みこむのも、物を食べるのも不快。寝るのも不快。
くしゃみをしたつもりが、ゲロが出る。(失敬)
挙句の果てには、翌日の胸の痛みを考えると酒すら美味しく飲めない。
四六時中、身体の不快感とともに生活するようになってしまった。


フィリピンにいると、歩きません。
タクシーが初乗り約80円と安いですし、ジプニーという乗合小型バスに乗ればたいていの場所に20円程度で行けます。
ジプニーは乗りたいところで乗車し、降りたいところで降車するので、いわゆる「バス停」まで歩かなくとも、すぐそこの道から乗れてしまいます。

少しの距離なら歩こうかと時には思うものですが、常夏のこの国ではそんな意志はすぐさまポッキリ折れてしまいます。


さて。前置きが大変長くなりましたが。

最近感じている危機。それは、「体力が足りない」ということです。
僕が達成しようとしている目標は、ある意味で大変な努力が必要なものです。
日々の努力の積み重ねがないときっと辿り着かない場所にあるものです。

それなのに。最近、毎日をがんばるだけの力が湧いてきません。
子ども達に囲まれると、正直しんどい。。
これは非常によくない。本当によくない。23歳で僕はなにを言ってるんだ。

とにかく。今年の目標を決めました。
「体力をつける」

「筋肉をつける」ではありません。
もちろんこの無駄な脂肪を燃焼してくれる筋肉は必要でしょうが、
それだけでなく。日々をエネルギッシュに生きて行ける活力を。
飲酒や喫煙を控えて、健康な内臓を取り戻したい。
多分それが、目指す先への一番の近道だと、ついに気が付きました。


老人の投稿みたいですね。
でもいたって本気だから哀しいところです。

体力つけるぞー!
posted by ぷー at 00:11 | Comment(0) | なんでもないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

セブに音楽スタジオ設立を目指してCAMPFIREにプロジェクト公開です!

昨日11/8、クラウドファンディングサイトCAMPFIREに、プロジェクト
【スラムの音楽教室inフィリピンー学校で学べない子ども達に、オーケストラで教育を】
を公開いたしました!
campfire-1.jpeg

先日の記事でもお知らせした通り、現在セブンスピリットというNPOでセブの子ども達との音楽教室に取り組んでおりますが、
より多くの子ども達に音楽教育の機会を与え、セブを拠点に活動する音楽家の才能と学びを若い世代に繋いでいくための拠点として、
セブ市パリアン地区に、音楽スタジオを設立することになりました!
応援バナー.jpeg
物件を防音仕様に改築し、設備を整えるための資金を、CAMPFIREというサイトを通じて募ることになったのです。1口500円からのご支援を募っておりますので、どうか皆様、応援宜しくお願いいたします。

恥ずかしいビデオも公開しておりますw


プロジェクト掲載の経緯や、集まったお金で実現できることなど、詳しくはプロジェクトページをご覧頂ければ幸いです。
http://camp-fire.jp/projects/view/481

思えば約2年前。プルメリアで研修をさせて頂いていた頃に、ふと思い立った日がありました。
その日のブログのタイトルは
『2010年9月28日。人生宣言。』
http://henjinpooh.seesaa.net/article/163970080.html
これです。

あの頃から色々ありましたが、ぐるりと回って
この日の宣言を、いま真っすぐ追求できる環境に、いさせてもらえているような気がしています。

子ども達に音楽で生きる力を。
どうか、皆様のお力添え、宜しくお願いいたします!
今一度、こちら、CAMPFIREに掲載中のプロジェクトURLです。
http://camp-fire.jp/projects/view/481

また、本投稿を持ちまして、「ひでぶー」での記事掲載は最後とさせて頂きたいと思います。
皆様、これまで僕の乱筆に温かい気持ちでお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

今後はブログ執筆活動も再開し、以下のURLの新サイトにて掲載を行っていきます!
http://seven-spirit.or.jp/blog

引き続き、HIDEを応援宜しくお願いいたします!
posted by ぷー at 01:47 | Comment(0) | 音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

ストリート合唱隊、初舞台!

皆様ご無沙汰しております。ひでぶーです。
今年3月無事に大学を卒業したひでぶーは、またまたセブに戻って参りました。
4月より、NPO法人セブンスピリットのセブ担当として、音楽教育活動を行っております。

セブンスピリットでは、本腰を据えて、セブの子ども達のオーケストラ教育を実現すべく
10年計画でプロジェクトを進行中。
1年目の今年はまず、ストリートチルドレンたちで結成された合唱団の指導にあたっています。

先日9月29日は、そのストリートチルドレンたちの初めての発表会を開催しました!
486863_366310513453348_1929614322_n.jpg

子ども達と実際に関わり始めたのは、7月7日セブンの日
以前に孤児院でピアニカ合奏をしていた経験があるとはいえ、僕の想像をはるかに凌ぐやんちゃさをもって現役バリバリのストリートチルドレン達に迎えられました(笑)
学校で集団行動を学ぶ事も無く、教育水準の低い親に育てられているストリートチルドレン達。
普段道行く人からは哀れみの目で見られるか、疎まれる存在です。

はじめは練習後に配られる「ごはん」目当てで集まっていた子ども達も、
毎週の練習を重ねるごとに、だんだんと「歌う事」自体を楽しむ様になってきているのが目に見えてきました。
日本人のボランティアさんも毎週お手伝いに来て下さり、今まで社会に無視されてきた子ども達が、
歌の練習を頑張る事で、たくさんの人の注意を惹き、笑顔で接してもらえる。
この出来事自体が、子ども達にとっては大きな意味を持つんです。

さて、発表会ではまだまだ音楽的にレベルの高い演奏はできませんが、
3ヶ月前は整列する事も、リズムに合わせる事もできず、ましてや自分の名前すら知らない子ども
がいた中で、みんなで調子を合わせて大きな声で歌を歌う事で、僕たちスタッフはもちろん、
見学に来て下さった子ども達の両親や日本人留学生の皆さん、その他ゲストの皆にパワーを
与えてくれました!
422613_366310893453310_1111056854_n.jpg

今、ここが、本当の「音楽教育」のスタートラインです。
お客さんにどれだけ上質な音楽を届けることができるか。
そして、レベルの高い音楽を演奏する事で、子ども達自身がどれだけの充実感と学びを得る事ができるか。

努力をするのは、演奏をするのは、もちろん子ども達自身。
ですが、僕たちセブンスピリットとして、全力で進むべき道を照らしていきたいと思います。

さて、発表会ですが、
子ども達は"MAKING MELODIES"と"DO RE MI"の2曲を熱唱!
リーダー2名がちびっ子達を引っ張ります!

30363_366312470119819_169292419_n.jpg

演奏を終え、拍手を受けながらお客さんの間を通り退場する子ども達。
なんだか誇らしげな顔をしてます!

527573_366313443453055_1631407210_n.jpg

子ども達の演奏のあとには、わざわざ三線を持参して子ども達に会いにきて下さった
Mayuさんによる『島唄』の演奏!
子ども達も興味津々。世界には、いろんな楽器があるんだよ♪

398518_366313790119687_1924214372_n.jpg

僕も、こっちでのオーケストラ仲間と一緒にクラリネットアンサンブルを演奏しました。
セブの音楽家と子ども達を繋いでいく活動も、今後より一層力を入れていきたいところです!

最後は参加者全員でもう一度"MAKING MELODIES"の大合唱!
545397_366314283452971_1603973771_n.jpg

すっかりお決まりになった「セブン」ポーズで集合写真を撮ってお別れです。
308095_366314833452916_463812632_n.jpg

発表会に参加して頂いた皆さん、本当にありがとうございました!
また、日本より楽器を集めてセブンスピリットに寄贈頂いたYatsuoさん、ご好意で写真を撮って頂いたYoさんはじめ、セブンスピリットを応援して下さる皆様に、この場を借りて今一度お礼申し上げます。

僕たちの音楽教育活動のテーマは
"WE CAN PLAY IT!!"
3つの"PLAY”が、子ども達の人生を変えていけると信じています。

セブンスピリットの活動の出発点、子どもが子どもらしく遊べる(=TO PLAY PHYSICALLY)社会に…
                ↓
そして、音楽活動、合奏体験(=TO PLAY MUSIC/ENSEMBLE)を通して、
                ↓
社会の中で、しっかりと役割を果たせる(=TO PLAY ROLE)存在に成長してほしい。

子ども達と一緒に、たくさんの感動を作っていきたいと思います!
2022年のオペラ公演に向け、本気と全力、出し尽くしていきます!
今後とも応援宜しくお願いいたします!


最後に、三線をご披露くださったMayuさんから届いた感想を、紹介させて頂きます:)

音楽の力をなめてました。こんなに純粋に子どもたちが音楽に興味を示すなんて、思ってませんでした。
わたしが弾き語りしたときは、彼らの様子を見る余裕はなかったけど、野口さんたちが演奏してるの、子どもら前のめって見つめてましたよ!あんなに落ち着きがなかったのに、じっと演奏聴いてて、すごくびっくりしました。
また、野口さんをはじめ、スタッフさんの熱意に感動しました。実は、オープニングからうるうるしてしまって・・・。
エル・システマの演奏は迫力があります。そして彼らは誇りをもって演奏も生活もしてるように見えます。完成形しか知らないけど、でも、彼らもきっとこんな感じからスタートしたんでしょうね。
今日は、ホントに子どもたちの発表会に立ち合えて、すごく幸せでした。子どもたち、いつもと違う雰囲気の中で、ひとつ「できた!」って気持ちをもてたのではないでしょうか?
彼らがどんなふうに育っていくのか楽しみです!


セブンスピリットについては、こちらのURLから!http://seven-spirit.or.jp/
セブではスタディツアーも毎週末に実施しています!http://cebu-seven-spirit.jimdo.com/
posted by ぷー at 18:31 | Comment(1) | セブンスピリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

大学生活で自分の殻を破るためのいくつかのアドバイス。愛する後輩達へ。

いよいよ今晩、東京を発ちます。

2008年に大学に進学してからの4年間で、
本当にたくさんの素敵な出会いに恵まれ、素晴らしい経験ができました。
これまでの全ての出会いに感謝します。

知っている人もいると思うけど、
僕は強迫性障害を抱えて、高校を中退しました。
それからは思い通りにならない生活に自暴自棄になり、
引きこもりのような毎日を送っていた時期もあります。

大検で皆と同じ時期に大学に合格する事はできたものの、
本当に18歳当時の自分が支障なく大学生活を送る事ができるのか
不安で不安で、浪人を真剣に考えたこともありました。

でも、今、無事に大学を卒業出来た今、
充実した4年間を過ごせた事を、
新しい自分を手に入れられた事を、
心から誇りに思います。


飲んだくれグータラ学生ではありましたが、
大学生活をかけて、自分の殻を破りたい、そう思っているかもしれない後輩達に向けて、
自分自身の4年間を振り返り、いくつか、アドバイスを送ります。


○そこに自分がいる光景が想像できない場所へ行こう。

時間とお金に余裕のある大学生活、どこで何をするのかは自分次第です。
洋服にお金を使う人もいれば、毎日飲みに徹する人もいるし、バイトでひたすら貯金する人もいる。

僕はそのどれでも良いと思います。

ただ、もし殻を破りたいという気持ちが心のどこかでくすぶっているのなら、
ぜひ、「自分がそこにいる光景」が瞼の裏に浮かんでこない場所に飛び込んでみてほしい。

僕の場合は、たくさん海外へ行きました。
どんな顔の人と、どんな言葉で、どんな格好で対面しているのか
皆目見当もつかないような場所へ飛び込んでみよう。

226732_1043178358838_1206987212_30108173_5157452_n.jpeg

つまり完全アウェーな環境へ。

そこは、今までに味わった事のない感情や情動たちが
君を待ち受けている場所です。

たくさんの感情を知っている人間になろう。

○「常識」「〜なはず」を崩そう。

多くの学生さんは”就活”なるものを経験する事になると思うけど、
これは君たちが「常識」に雁字搦めになっている事を象徴的に表すイベントです。

「日経新聞を読んでいないと就活には成功しない」
「履歴書の写真はプロの撮影でないと不利」

こんなの嘘っぱちだぜ。
毎日嫌々日経読むよりも、
本当に自分の進路に必要な情報を自分で手に入れられる人間になる方が、よっぽど大事。
もし日経があなたにとってその手段なら、もちろん読むべし。

たかだか3cmx4cmの写真のきめ細やかさで君の素質を判断するような企業に
本当に君は入りたいのか、
一度考えてみるという事を大切にしてほしい。

僕個人の経験で言うと、フィリピンで撮影したインスタントカメラの写真で
提出したESは全て通過した。

それだけじゃないよ。
世界には、君たちと全く違う「常識」に囲まれて生きている人たちが、
何億人といるんです。

225852_1043165918527_1206987212_30108122_3582137_n.jpeg

日本社会の常識の感覚を自分の中にで残しておくのはとても大事。
でも、いろんな常識を受け入れられるようになったとき、
今いる場所も、次いく場所も、やんわりと自分のホームに出来る
芯のある大人になれると思うのです。

○やりたいことをやりたいときにやりたいようにやろう。

やりたいことだけには、向き合わないといけない。
それがマラソンであっても、放浪であっても、なんでも。

本当にやりたいことをやっている人には、
絶対に素敵な出会いが訪れる。
だってその人はキラキラしているから。

そして、やりたいことがやりたいように出来たとき、
たくさんの出会いと相まって、
その人は絶対に次のやりたいことを見つける。

430089_2984568052367_1206987212_32351957_511716871_n.jpeg

この連続が、きっとあなたを本当のあなたに導いていくんじゃないだろうか。

僕はそう思います。

「今の自分にはまだ早い」とやりたいことを先延ばしにするのは、もったいない。

あるとき、知らないおっさんと飲んでた時、
「実践、理論、再実践じゃ。」
と説かれたことがある。そういうことだと、僕も思う。

○自分の力で出来そうな事×1.5のスケールで物事を企画しよう。

今の自分の力量の範囲内で物事を計画している人は、
ずっと蓋の高さが変わらないわけで。

どうせやるなら、
「こんなことほんとにできるかな?」
くらいのことを企画しよう。

大事なのは、「出来たら絶対に面白い!」というワクワクがあること。

ワクワクは虹色の底なし沼の様なもので、
実現の為にきっとあなたはびっくりするほどのエネルギーを幸せに放出できるはず。

そして、自分一人の力では実現出来なかった計画を
あなたを助けようとするたくさんの新しい仲間達と形にする幸せを
身にしみて感じるはずです。

423940_2984551051942_1206987212_32351937_125787594_n.jpeg

学生のうちは、経歴も力量も問わず、言い出しっぺがリーダーになれる。
それは社会に出てからは叶わぬこと。
そして、社会に出てリーダーをまかされる人間は、
きっと若いうちにやりたいことに向かって集団を束ねる経験を積んで来た人なんだと思う。

○誘われない事を嘆かず、誘って楽しむ人になろう。

誘われないのは寂しいけれど、
だったら誘って楽しくやろう。
そしたらいつの間に、たくさんの笑顔に囲まれた人になってるよ。

305425_2130685625840_1206987212_31964521_1196965874_n.jpeg

○英語で話そう。

何をやるにしても、
「英語で出来る」というのは、
他のいかなる能力もかなわない、大きな武器になるし、幸せへのステップです。

僕の場合は音楽だったけど、
英語を話せるだけで、自分の力を発揮するフィールドが、一気に全世界に広がる。
そして、日本で活躍しようとする人も、
本当にレベルの高いステージで勝負しようとするのなら、
公用語は必然的に英語になってくる。

154280_1554958233015_1206987212_31236545_1083006_n.jpeg

英語が話せたがために、
自分の人生の文脈とは少し外れた、
思いもしない場所へとお呼びがかかる事もある。

そうすると何が素敵かって、
また自分の中に眠っていた新しい感情を知れる。

英語”で”はなせるようになろう。

○信じるに一票を投じよう

疑いと信用は紙一重で、
だまされる時はだまされる。

YESMANなんて映画もあるけど、
だったら信じてだまされた方がなんだか幸せじゃないですか。

もちろん自分の頭で考えて、その上で、のおはなし。

○衝動とわくわくだけは嘘をつかないことを覚えとこう。

言葉では説明のつかないこの2つの現象。
衝動とわくわくは、絶対にあなたに嘘をつかない、つけない。
だから、理詰めの石頭になって、衝動とわくわくをかき消す事だけは
やめてほしい。

syodo2.jpg

その時は理由なんて説明出来なくていいから、
とにかく衝動とワクワクに素直に生きてみてください。
きっと、後から振り返ると、その全ては、大きな大きなわくわくにつながってる。





みんな、やりたいことは心のどっかにある。
世の中には、それをやる人とやらない人がいる。
どっちが偉いとかじゃないけど、
やる人は、なんだか笑顔とエネルギーと感謝と感動にあふれてる気がする。


伝える事って素敵だなという事を後輩達から教えてもらったので、
僕から伝えたい事をツラツラと書き残してみました。

君たちの素敵な学生生活のためになれば、幸せです。


ぼくは明日、たくさんのワクワクを胸に、セブへ発ちます。



みんな、本当にありがとう!


***********
僕の4年間を簡単に
<1年生>
中央大学法学部入学
セブ島英語留学
ビックカメラでデジカメ販売アルバイト
日本フィリピン交流サークルPocoPoco設立
大学生訪中団参加
マルタで英語留学
<2年生>
学内講演会開催
セブ島での音楽教育プロジェクト始動
インド料理店、多国籍居酒屋でアルバイト
<3年生>
フィリピン大学セブ校で1年間認定留学
セブ子ども教育支援NGOプルメリアにて研修
音楽教育、音楽指導者養成活動
中央大学にてフィリピン映画祭開催
<4年生>
友人とバックパック旅
サイトウキネンフェスティバル松本にてアルバイト
セブの子どもたちにクラシックコンサートを届けるUUUプロジェクト
小澤征爾音楽塾にてアルバイト(オペラ制作アシスタント、通訳)
<卒業できました>
セブ・ラングリッチカレッジで働きます。
NPOセブンスピリットでも働きます。
posted by ぷー at 15:32 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。