2013年04月18日

「リハーサル」

今日はオーケストラのリハーサルの日でした。
そう。ひでぶーはセブのオーケストラで演奏しているのです。
もちろん楽器はクラリネットです。


リハーサルって何だろう。僕がこっちのオケに入ってからずっと抱えている疑問です。
音楽をやってる以上、演奏には二種類。本番か、練習か。
さらにその中で、練習は『練習』と『リハーサル』に分けて考えていました。
リハーサルとはすなわち、「本番直前に行う、本番通りの進行を想定した最終練習」だと
日本では捉えてきたのです。

さて。なんでこんなこと考えるようになったか。
なぜならうちのオケでは、日曜日の14時〜17時、週に一度の「リハーサル」があり、
「練習」と呼ばれるセッションはないからです。
本番が控えていようがいまいが、関係ない。皆が集まって曲を弾くのは、リハーサル。

うーむ。これはリハーサルなのか?


今日は水曜日。イレギュラーな日程で「リハーサル」が行われたのにはもちろん理由が。
明日は本番なのです。明日演奏する曲をソリスト含めひたすら合わせました。
僕は思います。「そうそう、これだよ。これがリハーサルだよ。」


リハーサルが進む中、心のどこかでこの「リハーサル論」が頭の中から離れません。
0.5拍早くティンパニを叩いてしまうパーカッションや、ミの音のソロで堂々とシの音を奏でる
ホルン、ここは戦場か?と突っ込みたくなるような勇敢なスタッカートをキメてくるトランペット
の面々に、背中で殺気を示しつつ。

なぜこいつらは練習をしないんだ。
なぜひたすら「リハーサル」して「練習」しないんだ。

答えは単純でした。

こっちの人は、皆で顔を合わせて、曲を一緒に演奏する時間がたまらなく好きなんでしょう。
個々で黙々とエチュードやスケールをこなしていくことに、やりがいを感じないんでしょう。

日本ではどんな楽団でも、日々の練習の中にトレーニング性が強いコンテンツが含まれていると思います。
中学・高校の吹奏楽部なんて、合奏しているうちの半分以上は、曲ではなく、バンドトレーニングだよね。
これを「リハーサル」とは呼ばないな。これはまさしく【練習】だ。

一方。セブのオケ。
集まってやることと言えば、ただひたすら「曲を合わせる」
なるほど。そういう意味では、いつだって【リハーサル】なのかもしれない。

音楽を心から楽しんでるのは、どっちなんだろう。
音楽を心から楽しむ可能性を持っているのは、どっちなんだろう。






ここでは、アンサンブルの醍醐味が、置いていかれてる。もったいない。
僕はやっぱり、ちゃんと練習に向き合う音楽を仲間たちとやっていきたいな。
そんな文化を少しずつ、育てていきたいな。

完璧主義的で、少しのミスでも目じりを釣り上げてしまいがちの日本。
楽観的で、その場で皆がポジティブな気持ちで居られればいいフィリピン。

この2つの性格を、音楽というフィールド上にてうまく同地点に着地させることが出来たら、
きっととてつもなく深く明るい幸せが待ってるんじゃなかろうか。
セブンスピリット、そんなところに向かってやっていきたいと思う。


↑最近の子ども達。

とりあえず。明日の本番は、楽しむことだけに意識を集中して吹いてこようかな。
posted by ぷー at 02:59 | Comment(0) | 音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

体力

このブログでの更新はやめます宣言をして数か月。
やっぱり書きなれた「ひでぶー」の方が向き合いやすい。
そう思い、帰ってきました。
マイペースに、吐き出したいことだけを書く備忘録的なブログになりますが、よかったら、またお付き合いください。

この4月で、大学を卒業して1年となりました。
新卒でいきなりセブにやってきて、語学系の仕事やNPOの仕事をしながら過ごしてきたのですが、僕はこの1年で何か出来るようになったことがあるだろうか。成長したことがあるだろうか。そう考える時間が増えてきました。

正直にいえば、この1年は心と身体がなかなかうまく噛み合わない時間だったなぁと。
社会人として自分がどんな活躍を出来るのかワクワクしながら始まった新生活。
しかしながら、僕の内臓は疲れ切ってしまっていたようです。

これでもかと毎晩(“毎日”、と言った方が語弊がないですねw)飲みまくった大学生活。
休肝日などと言うものを自らに与えず、ストイックに飲酒を続けていたところ。
22歳にして、最近話題の「逆流性食道炎」に苦しむことに。

とは言ってもです。大学に入るまで引き籠りのような生活を続け、他人との距離の取り方もわからなかったこの僕が、なんとか人付き合いを出来るようになったのは、ほかでもないビールのおかげ。
去年の僕は体調が優れないからと、すぐに酒断ちを出来るほど、強い心は持ち合わせていませんでした。

結果、仕事のストレスと比例して飲酒量も増加。
飲酒量と比例して体調も悪化。
体調と比例してストレス増大。
という間の悪循環に吸い込まれていってしまいました。

そして気付いたころには取り返しのつかないところまでやってきていた。
年末に死ぬ思いで飲んだ胃カメラ検査の結果、食道炎は「食道裂肛ヘルニア」なる症状に発展し、
食道と胃の仕切りがなくなり、胃の内容物が延々と食道に逆流しているというのです。

液体を飲みこむのも、物を食べるのも不快。寝るのも不快。
くしゃみをしたつもりが、ゲロが出る。(失敬)
挙句の果てには、翌日の胸の痛みを考えると酒すら美味しく飲めない。
四六時中、身体の不快感とともに生活するようになってしまった。


フィリピンにいると、歩きません。
タクシーが初乗り約80円と安いですし、ジプニーという乗合小型バスに乗ればたいていの場所に20円程度で行けます。
ジプニーは乗りたいところで乗車し、降りたいところで降車するので、いわゆる「バス停」まで歩かなくとも、すぐそこの道から乗れてしまいます。

少しの距離なら歩こうかと時には思うものですが、常夏のこの国ではそんな意志はすぐさまポッキリ折れてしまいます。


さて。前置きが大変長くなりましたが。

最近感じている危機。それは、「体力が足りない」ということです。
僕が達成しようとしている目標は、ある意味で大変な努力が必要なものです。
日々の努力の積み重ねがないときっと辿り着かない場所にあるものです。

それなのに。最近、毎日をがんばるだけの力が湧いてきません。
子ども達に囲まれると、正直しんどい。。
これは非常によくない。本当によくない。23歳で僕はなにを言ってるんだ。

とにかく。今年の目標を決めました。
「体力をつける」

「筋肉をつける」ではありません。
もちろんこの無駄な脂肪を燃焼してくれる筋肉は必要でしょうが、
それだけでなく。日々をエネルギッシュに生きて行ける活力を。
飲酒や喫煙を控えて、健康な内臓を取り戻したい。
多分それが、目指す先への一番の近道だと、ついに気が付きました。


老人の投稿みたいですね。
でもいたって本気だから哀しいところです。

体力つけるぞー!
posted by ぷー at 00:11 | Comment(0) | なんでもないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。