2010年09月28日

スラム

スラム。


スラムってどういうところだと思いますか。


日本人からしたら、名前は聞くけどあまり想像が膨らまないというか、ピンとくる光景が浮かばないんじゃないでしょうか。


9月中旬にセブを訪れていた、PocoPocoのメンバーの皆が、活動の中でスラムの見学を行いました。

自分も同行して、シティのスラムに入るのは久々だったのですが、


やっぱり、ひどい。人間の暮らしじゃない。



スラムに足を踏み入れて、いつも最初に感じることは

「暗い。黒い。」


生活の色が黒。灰色。

黒い世界で寝食。家と家が重なりながら犇めき合って、光も差し込まない。


家っていうと思い浮かべる絵はどんなですか。

inside house.jpg

洗濯と言うと思い浮かぶものは何ですか。

laundry2.jpg

家の真下にはどす黒い水が流れて

canal.jpg
異臭を放つ。
雨季の今、豪雨が降ったらどうなってしまうんだ。


明らかにまともな水道なんて通ってないのに

meters.jpg
メーターだけはしっかりついてる。


見上げても

squatter.jpg
明るい世界は望めない。



不法居住地、と訳される。

そう聞くと、ここの住人はまるで法を犯した悪人みたい。

ただ、本当に法=正義の方程式は成り立つのか。

日本の思考では考えられないかもしれないけど、

政治家の都合でコロコロ法が変わるこの国で、

おカネ次第で弁護士が態度を変えるこの国で、

法は人間を守ってくれない。

おカネしか守ってくれない。


girl sq.jpg

民主主義?

代表者は、民意を代表してないぜ。

エリートと庶民の思考回路は、全くもって違う。

選挙は民意を代表者に委託するものじゃなかったのか。

それで民主主義ねぇ。




色々考えるけど。

まずは、今この瞬間に、この世界で、こんな生活をしている人を、どうにかせねば。

そして、同時に、こんな世界をどうにかせねば。



彼らが今の生活から抜け出せる方法。

まずは、教育。自分の力で考えて、自分の力で選択し、自分の力で決断する、そんな“力”。

そして、彼らがそれをできる社会づくりを進めていかないと。

本当の意味の「自由」を実現できる世界を作らないと…。

サイト随時更新中! ♪NPO法人セブンスピリットアジアの子どもたちにクラシックを届けるUUUオーケストラプロジェクト
posted by ぷー at 13:40 | Comment(8) | NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>法=正義の方程式・・・・=

上流階級のための正義、=「カネ」、に感じます

>まずは、教育。自分の力で・・・・
そこがムツカシイ。
まずは、身近なトコからしかできないし、卒業するまでにそれなりに金も必要になってくるし


Posted by drank at 2010年09月28日 22:24
民主主義じゃなく 資本主義 金持ち社会 お金が正義 お金で愛も買える世界 それがフィリピンの現実 この国が替わるにはもう一度植民地になるかしかありません。インドよりまだましと私は見てますし 宗教から離れない限り この国に進展はありません

余り人には奨めませんがインドを見るのも良い勉強になると思います、同じ植民地を経験した国です貧困層も溢れるほど居ますそして宗教に縛られています ただ言えるのは宗教に縛られても政治をつかさどる人間がフィリピンとは違います。
Posted by b at 2010年09月28日 23:49
いつ、政府の人間がきて、追い出されるかわからないし、あんなに家と家が狭かったら、一軒火事になったら、相当な被害がでるよね;(
近所の関係が近くていい面もあるだろうけどね>< 衛生問題とかは、どうにかしなくちゃいけないよね。
教育費は無料なんだよね? 給食代とかはかかるからそこにお金がかかるよね。文房具代とかもか。どうしたらいいのかな。

あたしが行ったときに、家にあげてくれたみんなの問題を無視しちゃいけないと思った。
Posted by おぞん at 2010年09月28日 23:51
ホントに俺たち日本人は恵まれているなぁ…と改めて実感。

ただ、その環境にあぐらをかいて生きているだけじゃアカンな。

また、更新楽しみにしてます。
Posted by こもりん at 2010年10月02日 05:48
>drankさん
そうですね。そこが簡単な話だったら、いつまでもこんな状況が続いているはずがないですもんね。だからこそ、今研修させていただいているような教育支援NGOをはじめ、社会が何らかのきっかけを作っていかないと、現状から“はみだした”、あるいは“逆行”している何らかのアクションを取っていかないと、いけないのだろうと思います…。それが、今の世の中の仕組みですよね。
Posted by hide at 2010年10月02日 15:00
>bさん
『「世界最大の民主主義国家」インド』ですもんね。非常に興味があります。近い将来、行くことになりそうです。その時、このbさんからコメントの真意が少しでも掴めたら…と思います。
Posted by hide at 2010年10月02日 15:05
>おぞんさん
実際にスラム地区での大規模火災は頻繁に発生してるし、いざ発生した時いよいよ彼らはどうなってしまうんだ。近所との距離…あんなに近すぎて、家族と家族としての健全な付き合いが果たしてできるだろうか。助け合い…見方を変えれば相互依存…。
いつか大人になる子ども達を、どうにかしないと。
Posted by hide at 2010年10月02日 15:09
>こもりんさん
恵まれてる。うん。
よく「恵まれた環境に感謝しなきゃ」って言うけど、確かに自然と感謝するけど、じゃあなんで自分が恵まれてると感じるのか?されにその理由、その理由…って考えていかないと、世界は変わらない。
自分は海外旅行をする度に、日本のパスポートを持っているからたいていどの国も受け入れてくれるし、日本人でよかったと思うけど、その「日本人だから受け入れる」を裏付けているものが何なのか、そこまで一歩踏み込んで考えなきゃな、って思うわ。
うん!更新頑張ります!
Posted by hide at 2010年10月02日 15:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。