2011年07月27日

傾聴

旅行に携行するミニPCからテストの意味を兼ねて投稿です。


RIMG0713.JPG

衝動が湧き出てきて、それに素直にやりたいって思っても、
自分なりの形として発する、吐き出す方法を知らないとそれは出来ないんだ。

RIMG0711.JPG

それが、魂を込めるという作業だと思う。
どこに力を入れればいいのか、どこでスピードを出せばいいのか。
自分の中に確立された方法がない限り、「込める」ことが出来ない。
自分らしさなんて生まれない。

今考えれば、ここまでの20余年というのはこの
“魂の込め方”
を習い、学び、固めるための年月だったように思う。

その機会は、幾多とあったね。

いまようやく師たちの僕に身に付けさせたかったことがわかる。

たとえば今、
書こうとしても書きたいものがかけないし
吹こうとしても吹きたいものがふけないし
歌おうとしても歌いたいものが歌えないし。

つまりそういうことだ。


もっともっと、衝動が芽生えたとき、自分の魂を吹き込められるように。
その方法をじっと学び続けたいと思う。


RIMG0720.JPG

今年一番大切にしたいと思っていること。聴。

特に、傾聴。なかなか出来ることではない。

耳と目と心とを十分相手に傾ける。

全部聴き終わって、練らずに口から出た言葉だけが、自分なのではないかと思う。



「澄ます」感覚を大切に大切に。

本物に触れて、五感を肥やし続けたい。
魂の込め方を忘れてしまった時、偽りしか産むことは出来ない。

へたくそな字を晒して恥ずかしい、でももう鏡は見ないことにしたんだ。
サイト随時更新中! ♪NPO法人セブンスピリットアジアの子どもたちにクラシックを届けるUUUオーケストラプロジェクト
posted by ぷー at 02:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。