2012年04月02日

大学生活で自分の殻を破るためのいくつかのアドバイス。愛する後輩達へ。

いよいよ今晩、東京を発ちます。

2008年に大学に進学してからの4年間で、
本当にたくさんの素敵な出会いに恵まれ、素晴らしい経験ができました。
これまでの全ての出会いに感謝します。

知っている人もいると思うけど、
僕は強迫性障害を抱えて、高校を中退しました。
それからは思い通りにならない生活に自暴自棄になり、
引きこもりのような毎日を送っていた時期もあります。

大検で皆と同じ時期に大学に合格する事はできたものの、
本当に18歳当時の自分が支障なく大学生活を送る事ができるのか
不安で不安で、浪人を真剣に考えたこともありました。

でも、今、無事に大学を卒業出来た今、
充実した4年間を過ごせた事を、
新しい自分を手に入れられた事を、
心から誇りに思います。


飲んだくれグータラ学生ではありましたが、
大学生活をかけて、自分の殻を破りたい、そう思っているかもしれない後輩達に向けて、
自分自身の4年間を振り返り、いくつか、アドバイスを送ります。


○そこに自分がいる光景が想像できない場所へ行こう。

時間とお金に余裕のある大学生活、どこで何をするのかは自分次第です。
洋服にお金を使う人もいれば、毎日飲みに徹する人もいるし、バイトでひたすら貯金する人もいる。

僕はそのどれでも良いと思います。

ただ、もし殻を破りたいという気持ちが心のどこかでくすぶっているのなら、
ぜひ、「自分がそこにいる光景」が瞼の裏に浮かんでこない場所に飛び込んでみてほしい。

僕の場合は、たくさん海外へ行きました。
どんな顔の人と、どんな言葉で、どんな格好で対面しているのか
皆目見当もつかないような場所へ飛び込んでみよう。

226732_1043178358838_1206987212_30108173_5157452_n.jpeg

つまり完全アウェーな環境へ。

そこは、今までに味わった事のない感情や情動たちが
君を待ち受けている場所です。

たくさんの感情を知っている人間になろう。

○「常識」「〜なはず」を崩そう。

多くの学生さんは”就活”なるものを経験する事になると思うけど、
これは君たちが「常識」に雁字搦めになっている事を象徴的に表すイベントです。

「日経新聞を読んでいないと就活には成功しない」
「履歴書の写真はプロの撮影でないと不利」

こんなの嘘っぱちだぜ。
毎日嫌々日経読むよりも、
本当に自分の進路に必要な情報を自分で手に入れられる人間になる方が、よっぽど大事。
もし日経があなたにとってその手段なら、もちろん読むべし。

たかだか3cmx4cmの写真のきめ細やかさで君の素質を判断するような企業に
本当に君は入りたいのか、
一度考えてみるという事を大切にしてほしい。

僕個人の経験で言うと、フィリピンで撮影したインスタントカメラの写真で
提出したESは全て通過した。

それだけじゃないよ。
世界には、君たちと全く違う「常識」に囲まれて生きている人たちが、
何億人といるんです。

225852_1043165918527_1206987212_30108122_3582137_n.jpeg

日本社会の常識の感覚を自分の中にで残しておくのはとても大事。
でも、いろんな常識を受け入れられるようになったとき、
今いる場所も、次いく場所も、やんわりと自分のホームに出来る
芯のある大人になれると思うのです。

○やりたいことをやりたいときにやりたいようにやろう。

やりたいことだけには、向き合わないといけない。
それがマラソンであっても、放浪であっても、なんでも。

本当にやりたいことをやっている人には、
絶対に素敵な出会いが訪れる。
だってその人はキラキラしているから。

そして、やりたいことがやりたいように出来たとき、
たくさんの出会いと相まって、
その人は絶対に次のやりたいことを見つける。

430089_2984568052367_1206987212_32351957_511716871_n.jpeg

この連続が、きっとあなたを本当のあなたに導いていくんじゃないだろうか。

僕はそう思います。

「今の自分にはまだ早い」とやりたいことを先延ばしにするのは、もったいない。

あるとき、知らないおっさんと飲んでた時、
「実践、理論、再実践じゃ。」
と説かれたことがある。そういうことだと、僕も思う。

○自分の力で出来そうな事×1.5のスケールで物事を企画しよう。

今の自分の力量の範囲内で物事を計画している人は、
ずっと蓋の高さが変わらないわけで。

どうせやるなら、
「こんなことほんとにできるかな?」
くらいのことを企画しよう。

大事なのは、「出来たら絶対に面白い!」というワクワクがあること。

ワクワクは虹色の底なし沼の様なもので、
実現の為にきっとあなたはびっくりするほどのエネルギーを幸せに放出できるはず。

そして、自分一人の力では実現出来なかった計画を
あなたを助けようとするたくさんの新しい仲間達と形にする幸せを
身にしみて感じるはずです。

423940_2984551051942_1206987212_32351937_125787594_n.jpeg

学生のうちは、経歴も力量も問わず、言い出しっぺがリーダーになれる。
それは社会に出てからは叶わぬこと。
そして、社会に出てリーダーをまかされる人間は、
きっと若いうちにやりたいことに向かって集団を束ねる経験を積んで来た人なんだと思う。

○誘われない事を嘆かず、誘って楽しむ人になろう。

誘われないのは寂しいけれど、
だったら誘って楽しくやろう。
そしたらいつの間に、たくさんの笑顔に囲まれた人になってるよ。

305425_2130685625840_1206987212_31964521_1196965874_n.jpeg

○英語で話そう。

何をやるにしても、
「英語で出来る」というのは、
他のいかなる能力もかなわない、大きな武器になるし、幸せへのステップです。

僕の場合は音楽だったけど、
英語を話せるだけで、自分の力を発揮するフィールドが、一気に全世界に広がる。
そして、日本で活躍しようとする人も、
本当にレベルの高いステージで勝負しようとするのなら、
公用語は必然的に英語になってくる。

154280_1554958233015_1206987212_31236545_1083006_n.jpeg

英語が話せたがために、
自分の人生の文脈とは少し外れた、
思いもしない場所へとお呼びがかかる事もある。

そうすると何が素敵かって、
また自分の中に眠っていた新しい感情を知れる。

英語”で”はなせるようになろう。

○信じるに一票を投じよう

疑いと信用は紙一重で、
だまされる時はだまされる。

YESMANなんて映画もあるけど、
だったら信じてだまされた方がなんだか幸せじゃないですか。

もちろん自分の頭で考えて、その上で、のおはなし。

○衝動とわくわくだけは嘘をつかないことを覚えとこう。

言葉では説明のつかないこの2つの現象。
衝動とわくわくは、絶対にあなたに嘘をつかない、つけない。
だから、理詰めの石頭になって、衝動とわくわくをかき消す事だけは
やめてほしい。

syodo2.jpg

その時は理由なんて説明出来なくていいから、
とにかく衝動とワクワクに素直に生きてみてください。
きっと、後から振り返ると、その全ては、大きな大きなわくわくにつながってる。





みんな、やりたいことは心のどっかにある。
世の中には、それをやる人とやらない人がいる。
どっちが偉いとかじゃないけど、
やる人は、なんだか笑顔とエネルギーと感謝と感動にあふれてる気がする。


伝える事って素敵だなという事を後輩達から教えてもらったので、
僕から伝えたい事をツラツラと書き残してみました。

君たちの素敵な学生生活のためになれば、幸せです。


ぼくは明日、たくさんのワクワクを胸に、セブへ発ちます。



みんな、本当にありがとう!


***********
僕の4年間を簡単に
<1年生>
中央大学法学部入学
セブ島英語留学
ビックカメラでデジカメ販売アルバイト
日本フィリピン交流サークルPocoPoco設立
大学生訪中団参加
マルタで英語留学
<2年生>
学内講演会開催
セブ島での音楽教育プロジェクト始動
インド料理店、多国籍居酒屋でアルバイト
<3年生>
フィリピン大学セブ校で1年間認定留学
セブ子ども教育支援NGOプルメリアにて研修
音楽教育、音楽指導者養成活動
中央大学にてフィリピン映画祭開催
<4年生>
友人とバックパック旅
サイトウキネンフェスティバル松本にてアルバイト
セブの子どもたちにクラシックコンサートを届けるUUUプロジェクト
小澤征爾音楽塾にてアルバイト(オペラ制作アシスタント、通訳)
<卒業できました>
セブ・ラングリッチカレッジで働きます。
NPOセブンスピリットでも働きます。
posted by ぷー at 15:32 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

大学に入って

来春から自分がどこで何をするのか、今週ようやくはっきりしましたw

決断の日、僕に与えられた選択肢はどれもキラキラワクワクしていた。
その中から1つを自分のモノにしたわけだけれど、この日ほど今までのたくさんの出会いに感謝の思いを巡らせたことはなかった。

そして、この日ほど、クソみたいな自分の、ダメダメ大学生活を誇らしく思ったこともなかった。


この感覚が新鮮であるうちに、ぼくという人間を全く新しいものに生まれ変わらせた大学4年間について
振り返っておこうと思い。

このエントリーを書き始めたものの。

それはそれは難しいことだった。

活字にしてしまうのは…なんというか…恐ろしいことだった。そして畏れ多いことだった。

だから、いつか機会があったら直接ぼくの口から出てくる言葉として

いっぱいのストーリーを聞いてやってください。

誤解の芽生えることが不可能なレベルで
まとめてみようとおもいます。





入学してすぐの夏休み。

フィリピンで語学研修をした。ちょっと英語がしゃべれるようになった。
223412_1043166118532_1206987212_30108126_5736306_n.jpg
そのとき、NGOプルメリアで活動を見学させてもらって
222837_1043165118507_1206987212_30108104_7221592_n.jpg
自分の無知に居ても立ってもいられなくなった。

だから日本フィリピン交流サークルを作った。

外務省の企画に採用されて大学生訪中団に参加した。
5つ星ホテルや高級中華がぜんぶタダだった。
225367_1043153838225_1206987212_30108022_2195392_n.jpg
温家宝に会ったり、人民大会堂でワインを飲んだりした。
でも大学生とおしゃべりしてるのが一番楽しかった。

1年生最後の試験が終わったその日、ゼミ仲間とサイパンに行った。
222157_1043144878001_1206987212_30107986_3754333_n.jpg
旅が好きだと確信した。そしてちょっとした違和感を抱いた。

春休みには学部に30万のお小遣いをもらってマルタに留学した。
224188_1043565848525_1206987212_30108952_4971629_n.jpg
英語ちょっと喋れると良い気になっていた僕は玉砕。凹んだ。
若いのにしっかりしてるヨーロッパの子たち見てて凹んだ。
227528_1043555088256_1206987212_30108875_2869119_n.jpg

週末にイタリアに行った。たくさんの国に行こうと必死だった。
230568_1043556128282_1206987212_30108900_6657212_n.jpg
アフリカにも行った。アフリカは広いんだ。知らなかった。
223417_1043178398839_1206987212_30108174_2595744_n.jpg
ドバイに行った。
229034_1045110127131_1206987212_30112557_863974_n.jpg

2年生の夏には、友達と香港・マカオを一緒に旅行。
9616_1149164488425_1206987212_30357175_8277672_n.jpg
でも途中から楽しくなくなった。
いろんなことに気付く旅だった。

その年には初めて大きめのイベントを主催した。

大きな自信になった。

年明けにはイギリスとベルギーに行った。HISで3万円だった。
イギリスの飯はまずくなんてなかった。
22043_1243710852025_1206987212_30569782_8159737_n.jpg
ベルギーのチョコは依然チョコだった。
22043_1243709531992_1206987212_30569761_496378_n.jpg

さらに台湾にも行った。こっちも1万円だった。
28949_1345147307873_1206987212_30785019_2824672_n.jpg
地図は要らないんだと確信した。

おじいちゃんが死んだ。おとうさんと呼んでいたおじいちゃんが死んだ。

サークルで毎日新聞の取材を受けた。
なんだか中身と殻がフィットしてない気がしてた。

ついにフィリピン大学での留学が始まった。

プルメリアでの研修も始まった。

子ども達に音楽を教え始めた。
28949_1345149987940_1206987212_30785042_5753727_n.jpg

やりたい事が全部できた。
なのに何かが足りない気がして苦しんでた。

友達がセブに来た。幸せだった。

ブルネイに行った。落ち着いた。頑張ろうと思った。国王にお菓子をもらった。
33932_1455227019797_1206987212_31057071_3272114_n.jpg

初めてコラムの執筆を頼まれた。

年末は日本でフィリピン映画祭を開催。自分もパネラーとして語った。

はじめて人前で子ども達がピアニカの演奏を披露した。

僕は僕のやり方でやるって決めた。

震災が起きた。セブの子ども達のピアニカ発表会をした。

僕は日本に帰ってきた。


焦っていた。

就活はしたくなかった。

だからしなかった。

最後のイベントプロデュースをした。

力が抜けきっていた。

そのまま旅に出た。

上海でぼくは人間関係というものへのアプローチを全く変えた。

友達と共にベトナムカンボジアマレーシアブルネイインドネシアオーストラリアタイミャンマー

インドは寝坊していかなかった。

185305_2044154222609_1206987212_31872372_4554795_n (1).jpg
楽しかった。

憧れのオーケストラでバイトすることになった。

そしてワクワクする人とワクワクする場所でワクワクする仕事をすることになった。

次はセブでコンサートをやることになっている。




この1行1行の出来事とその行間に

それぞれ何十行もの出会いとストーリーが隠れてる

そしてここに今の自分が残っている。


余計なものが限りなく削ぎ落された。

やりたいことをやりたいようにしかやらない自分が残った。

嫌いなものは離れていった

好きなものだけに囲まれた。


この記事をみてあなたは嘲笑するんでしょうが

申し訳ないそれが野口彰英です。

これが野口彰英です。



いまの僕が好きなものに

これからも突撃してゆきます。




自信だけは、あるんです。

感謝と誇りを込めて。
posted by ぷー at 20:49 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

無題

完全に自分を見失っている。
何をすればいいのか、全く手掛かりが見つからない。
目標は失ってしまったし、
自分が自分たる所以も失った。
そうなると突然に他人が脅威に思え
ああだこうだと粗探し。
自分には言い訳を重ね続け
もはや言葉を紡ぎだす事も出来ないし
ただただ劣等感と罪悪感だけを抱える日々。
なんだかんだ大学に入ってからは
その時々の自分のやりたい事に向っていたから
立ち位置を忘れる事はあっても気が保てた。
今は違う。矢印が無い。
小さい頃はよく親に精神分裂症の欠陥人間だと言われたけど
本当にそうなのかもしれないと思う。
いや、それは本当に精神分裂症に悩む人にとって
失礼極まりない乱暴な言い方だと思う。
順位と点数と誰かの言葉だけで褒められたけど
きっと親はひとりの人間として心から自分を褒めた事はないんだろう
あったとしたらそれを感じられなかった自分は
なんて育て甲斐の無い子なんだろう。
傷つける事を恐れて本当の言葉をぶつけられないのなら
なぜ生きているのだろう。
親にはなりたくない。
尊敬できる人間と関わっていたい。
守るものが出来た時なんとかかんとかって
個として成長を続ける事を諦める言い訳に聞こえて不愉快だ。
幼稚な大人と立派な大人がいて
もちろん後者に近づきたいと思うけど。

自分から素直さが消えていく過程を
痛いほど生々しく見せつけられている。
やりたい事が無くなってしまった今
自分という人間を忌み嫌う毎日。
堂々といられない。
なぜか鏡が気になる。
もう誰も構ってはくれない。
特別であることを望まれ続け
最後には普通であることを期待され
でもその特別は唯一の特別の方ではなく
普通の最上部だっただけなんだと気付く
それはあくまで 優れている ことで
絶対の個として信じられていないんだと気付く
そして思う
なんでだよ、と。

こんなことをつらつらと書き並べて
虚しくなるだけだというのに
でもなにかを掴みたい。
もうこの状態に居続けるのは限界です。
出会いを拒むようになっては
自分は終わりだ。
確実に終わりに近付いている。
こんな心と一緒に旅をして
何が得られるというのだろう

こんなにも自分から何も生まれてこない
自分が何者かわからないし
もはや自分を信じてあげる事すらできません。

何かが変わるかもしれないし
光が遠ざかるかもしれないけども
投稿ボタンを押します。

こんな言い訳うんこ野郎
心の底から大嫌いだ
posted by ぷー at 18:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

傾聴

旅行に携行するミニPCからテストの意味を兼ねて投稿です。


RIMG0713.JPG

衝動が湧き出てきて、それに素直にやりたいって思っても、
自分なりの形として発する、吐き出す方法を知らないとそれは出来ないんだ。

RIMG0711.JPG

それが、魂を込めるという作業だと思う。
どこに力を入れればいいのか、どこでスピードを出せばいいのか。
自分の中に確立された方法がない限り、「込める」ことが出来ない。
自分らしさなんて生まれない。

今考えれば、ここまでの20余年というのはこの
“魂の込め方”
を習い、学び、固めるための年月だったように思う。

その機会は、幾多とあったね。

いまようやく師たちの僕に身に付けさせたかったことがわかる。

たとえば今、
書こうとしても書きたいものがかけないし
吹こうとしても吹きたいものがふけないし
歌おうとしても歌いたいものが歌えないし。

つまりそういうことだ。


もっともっと、衝動が芽生えたとき、自分の魂を吹き込められるように。
その方法をじっと学び続けたいと思う。


RIMG0720.JPG

今年一番大切にしたいと思っていること。聴。

特に、傾聴。なかなか出来ることではない。

耳と目と心とを十分相手に傾ける。

全部聴き終わって、練らずに口から出た言葉だけが、自分なのではないかと思う。



「澄ます」感覚を大切に大切に。

本物に触れて、五感を肥やし続けたい。
魂の込め方を忘れてしまった時、偽りしか産むことは出来ない。

へたくそな字を晒して恥ずかしい、でももう鏡は見ないことにしたんだ。
posted by ぷー at 02:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

贅沢マンデー


土曜日に授業をとっている代わり、月曜日はあまり忙しくしていません。日曜は色々と用事が入ったりするので最近は、月曜は自分に甘く過ごしています。そんなこといってる場合じゃないのかも知れませんし、でもそうしています。

先日店で常連さんと、1日の終わりに贅沢な瞬間を用意するといい、1日全体がきっと変わるというお話をしました。

そこで今日は、いつもより贅沢なビールを、冷凍庫で冷やしたジョッキに注いでいただきました。



こちらは、刺身でも美味しくいただけるマグロと蛸を敢えてたこ焼きのタネでコーティングして軽く揚げてみました。至極の贅沢で御座います。


去年はフィリピンで観られなかった邦画を今ぞと見漁り、今日は間隔をあけて3作品観ることができました。

得ようとか、学ぼうとか、邪念なのでしょうか。最近はただみることが出来ないのです。

こんな1日もまた良いものです。家(うち)では癒されることはあれ、新たに傷付きはしませんから。

そして傷付くチャンスのない時間というのは果たして喜ぶべきものか、知るか、それはバランスである。

ただその時間を導きも遠ざけもできる今の自分を、そんな自分だと認めるだけ認めようか。

小さなことと大きなことに一貫性を見出だせない人生は悲劇であるし、

頭がよくてもわるくても有難うとすみませんをきちんと言えない人生は真には寄り添われない。

努力と能力では歯痒いかなどうしようも手先が届きそうで届かない、そして届いて届かれてとそんな原っぱに立ちたくなる、勘。



ではゆっくり湯船に浸かって寝るとします。明日もあるく。
posted by ぷー at 02:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。