2010年09月01日

もーいくつ寝るとークリスマスー(@_@;)&中央大学ポコ・ポコ記事ネットニュース登場!

「晩御飯だよ〜」と言われ、部屋から1階に下りた自分の目に飛び込んできたものは

ber months.jpg

靴下!!!

嘘だろ!!!


本当です。

ついに来ちゃいました。フィリピン、クリスマスモードですクリスマスクリスマスクリスマス


有名な話として、
フィリピンでは、終わりに"BER"の付く月はずっとクリスマスのお祝いモードだそうで。

日付変わって、今日SEPTEMBERになっちゃったんです。


これからSEPTEMBER, OCTOBER, NOVEMBER, DECEMBERと、ずーっとクリスマス犬

なんともおめでたい感じで(笑)


国民のほとんどがカトリックのフィリピンでは、クリスマスは1年で1番大事なイベントなんですね手(グー)

とはいえ、あまりに早すぎないか?笑


10月末のハロウィーンクリスマス、それが終わればすぐにニューイヤー、さらにセブでは1月に有名なお祭り“シヌログ”がありますから、これから半年間ずっとお祭り状態なわけです。

テンション高めでひでぶーも頑張っていきますビールビール


生まれてはじめての暑いクリスマス、楽しみにしてますプレゼント





ところで、

サークルPocoPoco(ポコ・ポコ)の毎日新聞掲載の件ですが…

ネットニュースにも記事が載せてありました!感動。

『あしたへ:贈れなかった支援の思い、4年後に日の目 セブの子、楽器に歓声』http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100829ddm041040104000c.html

これで掲載の無かった地方の皆さんにも読んでもらえる。嬉しい。


新聞記事にまでなったPocoPoco、思いを忘れずに、自分たちのやりたい事を、やるべきことを、考えて、楽しんで、続けていきたいと思いますので、応援の程よろしくお願いしたいと思います!

もしこの記事を読んで楽器の寄贈にご興味をお持ち下さった方がいらっしゃれば、ぜひ
pocopoco_students_jpnphl@yahoo.co.jp
までご連絡いただければと思います。PocoPocoが責任を持って、セブまで運ばせてもらいます演劇

楽器寄贈とその後の音楽会、音楽教育を行うプロジェクト"CHAP-Cross Harmony Project"の概要は、PocoPocoのホームページに詳細と今までの活動の軌跡を分かりやすく紹介しておりますので、ぜひこちらをご覧ください↓
http://pocopoco.hanagasumi.net/ch-g.html

他にもよく見るとPocoPocoホームページにはフィリピン・セブの面白情報が満載だぜリゾート

楽器寄贈先の孤児院で僕が毎週行っているピアニカ授業レッスンは、過去のひでぶー記事やPocoPocoホームページの「ぷーの授業日誌」を見てみてね手(チョキ)


そんなタイムリーなPocoPocoメンバーと、先ほど海を越えてSkypeミーティングでセブ滞在中の細かい打ち合わせをしたところです。

1週間の滞在、実りあるものにできるよう皆で準備頑張ってますので、報告楽しみにしていてください!


あぁ、今後が色々楽しみだな〜晴れ
posted by ぷー at 02:14 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ご無沙汰しております!ブログ祭りウィーク始まり!!

皆様こんばんは。ひでぶーでございます。
実に2週間以上ぶりの更新となってしまいましたがく〜(落胆した顔)
何人の方から「更新はまだかexclamation&questionと尋ねられた事か…
それだけ多くの方に楽しみに読んで頂いてることを認識し勝手にうれしく思った2週間だったりしました。すみません犬



では、久々のブログ更新では

なぜこんなに更新が遅れたのか

の弁解を行いたいと思います(笑)



実をいいますと、先々週の水曜日11日から先週水曜日18日まで、日本に一時帰国をしておりました。

その帰国スケジュールも非常にタイトでして、一週間のうちに

セブ飛行機韓国飛行機福岡飛行機東京飛行機長崎車(セダン)福岡新幹線大阪飛行機マニラ飛行機セブ
という大移動を行ったのです。


ちょっと詳しくお話ししますと、
まず一時帰国の11日夜を前に、11日の夕方にはLong Exam(ガチ試験)が一本あり、もともと13日が提出期限だったレポートも自分は11日中に提出しなければならなかったため、しばらく勉強に忙しい日々を過ごしておりました。

11日夜、セブ→日本は大韓航空のフライトだったのでソウル経由でまず実家のある福岡に帰ったのですが、11日がちょうど九州に台風直撃の日台風雷で、かなり機体の揺れるスリリングなフライトを楽しませていただきましたがく〜(落胆した顔)
ソウル→福岡便は、1時間遅かったら欠航になっていた模様です…。
ラッキーなのかなんなのか。

福岡では1日だけゆっくり休んで、
と思っていたら高校の友人と飲みに行くことになったのであまりゆっくりせずすぐに博多方面へ。久々に日本の居酒屋の味を楽しみました。

翌日は、「ひでぶー写真展カメラatChapola」を開催していただいているバイト先に、ぜひ現物を見にいきたい目ということで東京までひとっ飛び飛行機
当然のように酔いつぶれビールビール、その日の夜は自分の心の癒しスポット、高幡不動の「浅川」でバイト仲間達と花火をして遊んでいたようです。服を着たまま川の中でびちょびちょになりながら遊んでいたようです。次の日、濡れたまま、苔で緑色になってダメージの穴がボロッっボロになったジーンズを履いて飛行機に乗るのはさすがにとても恥ずかしかったですモバQ着替えがなかったのでパンチ爆弾

飛行機で向かった先は長崎。母の実家です。
これが今回の一時帰国の目的だったのですが、祖父が今年亡くなったので、長崎のお盆の恒例行事「精霊流し」に参加してきました。爆竹鳴らしまくるやつですどんっ(衝撃)爆弾どんっ(衝撃)ご存知ですか?
ただしここでハプニングが手(グー)15日の精霊流しの前日、14日に親戚一同でお墓参り兼大花火大会atお墓(毎年恒例)に行くはずだったのですが、急激に気分が悪くなり自宅療養。
みるみるうちに熱が上がり、その日の晩は39度近くまで上がってしまいました。
15日の精霊流しには意地でも出なきゃいけないので、救急センターへ。
「お腹の風邪ですね。」と診断されましたが、本当の原因が川で飲んだ水なのか、フィリピンからきたウイルスなのか、はたまた過度の飲酒なのか、真相は未だ闇の中です…。
15日は奇跡的に体調が回復し、無事精霊流しに参加。一緒のうちに数度とないであろう数の爆竹を投げまくってきました。長崎最高。

16日、下痢に見舞われながらも家族と一緒に車で福岡に戻りましたが、家に帰って間もなく体調再悪化。「明日フィリピン戻らなきゃいけないですけど」と思いながらもベッドから出られず、楽しみにしていた地元の友達との飲み会もキャンセル、フィリピンに戻る前に買っておきたかった色々なものの買い物も、フィリピン人へのお土産を買いそろえることさえもできずに1日が過ぎ…。

フィリピンに戻る17日。朝から体調が悪く、ぎりぎりまで帰るのキャンセルしようか迷いながらも、お風呂に入りスーツケースに荷物を詰め、電車出発20分前に家を出てなんとか出発空港である関西空港に向かいます。新幹線で。
バッドコンディションのなか、帰比準備が全くできていない状態だったので、空港で海外旅行保険に加入して離陸を待ちます。
今回は格安エアライン「セブパシフィック航空」のフライトだったのですが、19時20分発のはずの飛行機は離陸時間を過ぎても空港に到着していませんモバQ
大丈夫か?と思いつつ、出発を待ちますが、なんと使用機の到着から10分余りで搭乗開始。絶対清掃とかしてないだろパンチと思って乗り込んだらまさにその通り。トイレなんて詰まってるし紙さえありません。
あ、この飛行機の中は既にフィリピンなんだな」
と実感しました(笑)
キャビンアテンダントもみんななんだかラフにやってて、機体整備もほとんどしてなさそうだし一抹の不安はありましたが、心配してても仕方ないのでフライト中はずっと寝てました。だって価格相応のサービスでスクリーンもなければ音楽も無い、飲み物すらお金払わないと出てこない会社なので暇つぶしができないのです(笑)
起きたころには間もなくマニラ到着で、シートベルトサインがついてましたがトイレに行ってもCAは全く気にせず。おいおい、トイレに行ったのは我ながら、またしても心配が増えました。
マニラに到着したのは22時30分でしたが、マニラからセブへの便が朝の5時頃の出発だったのでマニラの空港でひたすら暇つぶしです。
セブにはないコンビニを楽しみ(ミニストップ)、カフェで紅茶を飲み、友人に電話をかけ、翌日に控えた試験の勉強をし…なんとか6時間しのぎました。意外と快適な空港です。

さて、18日早朝セブのお家に着くと、やはりまだ体調が万全でないので家でゆっくり。しかーし。なんといきなり帰国翌日の19日、そしてその翌日の20日と連続でガチな試験が控えておりましたので、夜からは試験勉強。

試験の日々をやり過ごすと、土曜日は久々のセカンドチャンス!その日の夜は、観光客に人気の「ジャングルレストラン猫に突撃してきました!

はい!


こんなわけで全然ブログ更新できませんでした!すみません!!



ただ更新したいネタはこれでもかってくらい溜まってますんで、今週は



ということで思う存分更新させていただきたいと思います。お楽しみに!


というのも、今週は久しぶりに明日のレポートを乗り越えれば特に試験もレポートもなさそうな予感なのです。

さらに来週は祝日の月曜日から始まり、UPのスポーツ大会が開催されるためまさかの1週間連続休みなのです!9連休!!!

それが済めばすぐにブルネイ旅行が控えていて、なんだかとってもハッピーなのです!!!!!



では!文字ばかりの近況報告になってしまいましたが、

今週はひでぶー要マメチェックですので、よろしくおねがいします手(チョキ)


部屋からネズミの匂いがし始めて、
「そろそろ掃除しなきゃなー」
と思い始めたひでぶーでした…。



ねずみが掃除の指標…(笑)
posted by ぷー at 01:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

ジブリ的世界と、魔法の薬…。

とても魅力的なタイトルをつけてみましたぴかぴか(新しい)
内容が伴わないと思います、すみません(笑)

jiburi.jpg
前記事の最後に載せた写真ですが
先週日曜のフィールドワークで郡部の学生のお家があるエリアに踏み込んだ時、
突如森の中から船が見えて

ジブリっぽい

と思ったので。撮ってみました。


アンバランスですよね。



話によると、なぜかこんなところに造船所があるそうです。

んー。謎は深まるばかりだ…。

たまに、合理性とか全く無視した事します。フィリピン人。

以前紹介した巨大ライターもその一つかな…

まぁ何か理由があるのでしょう。僕たちには計り知れない何かが。




medicine leaves.jpg

ある家庭で靴下干しにぶら提げられていた葉っぱたち。

あ、靴下干しっていうのは自分だけの定義かもしれません。
みなさんはこれに何をぶら下げていますか?
とか言う話は置いといて



去年、学校でちょっとだけ勉強したことあったんです。

フィリピンでは、Ethnobotanyが盛んクリスマス

民族的に、昔から伝わる独自の植物の利用法?のことらしい。

例えば、こんな風に近くに生えてる葉っぱを干してお茶にして飲むと、体に良いんだって、このお家の人は言ってました。

他にはどんなのがあるんかなー。




こういうのには経験的な裏付けがあるんだろうけど、

他にも日本と同じように、迷信的なものもけっこうあるみたいです。

「赤い蟻が家に現れたら財政状況にピンチの兆候。黒い蟻が現れたらお金持ちになれる。」らしいです。
この家にはどっちもいるけど、どうなんだろう目

だから、黒い蟻は殺さないんだと。

どんな国でもこういうのはあるのかなー。



ただ、フィリピンには黒魔術師がたくさんいる島(?)とか実際にあるらしい。

行くべきか。やめとくべきか。。笑
posted by ぷー at 01:10 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

友達100人できるかな♪とかいってる場合じゃない…


image-201006162131213.png

ジプニーをUPの学生でジャック。

アヤラからジプニー乗ろうと出発前のジプ車内で待ってると、増えるわ増えるわUP生。
「あたしもUP」「あたしも」「あたしも」
って結局1人除いて全員UP生…まじかよ!
1人輪に入れなかった一般のオバサン、ごめんなさい(笑)


今週無事フィリピン大学生活始まったわけですが、何が一番頭を悩ませているかというと


皆の名前覚えられない!!!



フィリピン人の名前って、スペイン系とアメリカ系とフィリピン独特系と、なんか色々混ざっててすごいややこしいんですよ。


ただでさえ、日本人でも名前覚えるの苦手なのに…



しかも覚えないかん人数がはんぱない!!

大学関係だけでも、軽く100人位と自己紹介し合ったぞ。

友達、友達の友達、友達の友達の友達、友達の友達の友達の……


HELP MEEEEEEEEE!!!!!笑


フィリピン人の皆さんにとっては1人しかいない日本人だから覚えるのあんまり難しくないかもしれんが

こっちは一週間に100人の新しい友達を得ててんやわんや。


彼らはバッチリこっちの名前覚えてくれてるからそれがまた気まずかったり…


とにかくフィリピン人の友達ネットワークは凄まじい。まぁセブのUPは学生数少ないしコミュニティがしっかりしてるからなおさら皆が皆をしってるみたいですが。

最近よく言われるのは

「昨日◯◯で見かけたよ」
とか
「この前◯◯でちょっと酔っ払ってたでしょ」
とか。


友達が増えればそれだけ監視の目も増えるのか。

悪い事はできませんなぁー(笑)



ただ、それが地域として1番良い事だと思うけどね。皆お互い知り合ってるから助けあえるし抑えあえる。日本の都会にはもう無くなってしまった事だろうなぁ。
posted by ぷー at 13:15 | Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ノイノイアキノ大統領誕生。

丁度1ヶ月前、5月10日に行われたフィリピンの統一選挙。
大統領、副大統領、国会議員、地方議会、市長などあらゆる役職を一気に選んだ今回の統一選なのですが

本日ようやく正式に結果発表。


おそくね?

今回フィリピンでは初めて電子投票システムを導入したんですが、結局全部手作業で確認したらしい。

って言っても、日本も手作業だけど翌日には正式発表だよな。やっぱすごいな日本。


大統領には、ノイノイアキノ候補が見事当選。おめでとう。

アキノ一家はフィリピンでは最も有名な一族の一つ。
マルコスという大統領による独裁政権を打倒した時の大統領が、母親のコラソンアキノ。
父親は、マルコスのライバルであり、マルコス陣営に暗殺されたと言われるニノイアキノ。

コラソンアキノ時代の、20年間続いた独裁政権からの民主化の実現は今でもフィリピン人の記憶に強く残っている様で、選挙の話をするとだいたい皆アキノへの期待を語る。

今回のアキノのスローガンは

汚職一掃。


10年間続いた現アロヨ政権はフィリピンの汚職体質を象徴するかの様に汚い金が動きまくってます。

ホストファミリーのLさんが
"the smallest, but the most terrible president"「フィリピンの歴代大統領の中で、一番小さいけど、1番おぞましい大統領」だと言ってて爆笑しちゃいました。でも多分その通り。

果たしてアキノ政権でフィリピンの政治は少しでもクリーンになるのか…


だいたいフィリピンの大統領の月収は15万円ほど。任期は6年。
で、選挙キャンペーンでいくら使ってるの?
UPの教授がこの矛盾を指摘してるレポートを読んだことがあります。

街中に貼られたポスター。ひっきりなしに流れる偽善的なテレビCM。有権者への金のばらまき。票の買収。

いくつかのソースによると、地方の貧困層には買票の為に候補者から2000ペソ位配られているらしい。平均収入5000ペソの国。うん。


政治の場で政治を変える事がこんなに難しいのか、と思い知らされます。
金のない無名候補なんてまず勝ちっこないからなー。



しかも、今回の選挙では、アロヨ大統領が下院議員として当選。
さらに、86年の革命で失脚したはずの故マルコスの妻、イメルダ婦人も当選。おまけに娘と息子も当選。
彼女達はやはり金にものを言わせ、影響力のあるポストを手に入れるわけだ。
すごい経歴の持ち主なんで是非Wikiかなんかで調べてもらえれば…。



そんなフィリピンの政治情勢なんですが、
NGOのお仕事の中で、現在日本の大学院で勉強しているプルメリアの奨学生が書いたフィリピンの政治についての論文を翻訳させて頂きましたので、ぜひ時間がある時に御一読頂ければと思います。
こちらから。
http://www.cebu-plumeria.jp/link/appendix.htm

政治一族が力を握ってる状況、一向に変わる気配のない体質、そこでNGOは何ができるのか…

ボリュームもあって、内容も突っ込んであるので最後まで読むのはタフですが、
何もする事無い時にでも読んでみてください。どんな国なのかわかってもらえると思います。

私の拙い訳で読みにくくなってしまっているとは思いますが、どうかそこは目を瞑って…

目を瞑ったら読めないね。


政府ではなく、一族が国を動かすフィリピンです。。
posted by ぷー at 10:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。