2010年06月21日

じゃあ、この子たちの家庭は?

前記事「マイホーム・ドリーム」の続きです。

昨日面接を受けた子たち。
shyboy.daddy.jpg
この子はシャイボーイでした(笑)我が子を見つめる眼に父親らしさを感じますな。そういえば今日父の日でしたね。世界のお父さん方、おめでとうございました。

620interview.jpg
権兵衛さん(手前)が奨学生候補とその母親を相手に面接を行っているところです。


こんな家族だって、そりゃあ立派なお家を夢見るんだろうなぁ。

我が子を学校に送り出すので精一杯の両親だって、本当は子供と一緒に立派なお家に住みたいんだろうなぁ。


日本だって同じだろうけど。



medals.jpg
ある学生の家。成績が優秀な生徒には、こうやって年度末に学校からメダルが授与されて表彰されます。
どこも小さな家だけど、多くの家にはこんなメダルが大事に飾ってあります。

headonly.jpg
頭隠さず尻隠す。

girl.mom.jpg

hammok.jpg


「物質的には豊かでは無いけど、彼らはとても幸せそうに生活している」

とかよく言うけど

何なんだろうか…。確かにそう感じることもある。

でも、やっぱりどこか他人事として捉えている。

もちろん、結婚でもしない限り他人と家族という大きな壁が存在するのは当たり前なことだし。



「お父さんが会社を首になりました。暫く新しい仕事を探したけど近くでは見つからないので、中東に大工として出稼ぎに行きました。」

自分の家族の事を考えて、リアリティがない。

そして、フィリピン人にとってはその方が稼ぎが断然良いという事実。



「うちにはお父さんがいないので、お母さんは毎朝アイスキャンディを作って町に売りに出かけて、お祖母さんが近所のお家の雑用をやってお小遣いを稼いでいます。」


ぐるぐる。


続く。
posted by ぷー at 01:01 | Comment(7) | NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイホーム・ドリーム

今日は久々のNGOフィールドワークへ出かけた。
新規奨学生の採用面接ツアー(?)です。
サンガットという地方で、10名弱の奨学生候補に権兵衛さんが各家庭を直接訪問し面接を行う所に同行してきました。

やっぱり皆生活厳しいですね。


shrine boy.jpg
友達と一緒に居る時とか、普段の笑顔を見ていると気がつかないところですが、いざ生活の場を目撃するとやっぱり。

house.pp.jpg
みんなわいわいやっているので、なんだなんてこと無いんじゃないか?
と思いがちですが、やっぱり。


片親だったり、親が失業中だったり、色々。



今日訪問してきた家庭でも、持ち家ってところはほとんどなくて、知り合いや親戚に貸してもらっていたり。

obachan.jpg
郡部なので比較的土地に余裕はあるのか、家の敷地自体は都市部のスクワッターと比べれば多少広かったんですが。

とは言っても日本の“家”とは比べ物にならないですが。

sentakumono.jpg

kitchen.jpg

banana.jpg


こんな感じです。


ただ今日の自分の正直な感想として、
「結構“まし”な住居に住んでいるな」と。
もう、フィリピン人の生活を、フィリピン人の水準で捉えてしまってます。
日本人の水準で考えれば、ありえない環境です。
拾って来た木を組み立てて泥の上に建ててある家を、“まし”だととらえ始めてしまっている自分を発見しました。


プルメリアの教育支援の対象になる主な層が貧困層である故、これまでにも水準の低い生活を送っている家庭を見てきたので、
こんな風に感じたんだと思います。


でも、その後に寄ったお家がとても立派で。
そのお家も、もともと立派だったわけではなく、努力の結果立派になってきたそうです。

やっぱこっちがいいわな。



少しでも便利な方が良いに決まってるわな。


なんか、世の中の人間を「持つもの」と「持たざる者」に分けた時、
「持つもの」が、自分の持ちうるものを「持たざる者」と少しでもシェアすることに喜びを見いだせればな、とか思っていたけど

ナンセンスな発想かもしれない。
人間を見つめた時に。
自分を見つめた時に。


いま家には扇風機しかない。
くそ暑い。

どっかの国の知らない人の家には扇風機がない。


自分ならクーラー買うわ。
しかもできるだけ安いクーラー買うわ。


冷蔵庫もクーラーも地デジTVもそりゃ欲しいわ。

電子レンジもガスコンロも洗濯機もないとか、いざ自分の話になったらちょっと考えられんわ。



マイホーム・ドリームっていうけど
やっぱり最後は立派な家に住んで、“幸せ”に過ごしたい
っていうのは誰しも考えることなんやろうなぁ。


そして、それこそがモチベーションでもあるんやろうし。



続く。
posted by ぷー at 00:40 | Comment(1) | NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

本日のセカンドチャンス

さぁ、今日はいよいよ曲を演奏させるぞ〜手(グー)


と意気込んでバッチリ準備していった本日のピアニカレッスン



なんと中止もうやだ〜(悲しい顔)


最近はよく外国からのゲストが来てるようで
unicef staff.jpg

今日は、UNICEFのツアーでアメリカ人のグループが訪問。
american guest.jpg

その事をセカンドチャンス側から全く知らされていなかった自分達は


ぽかーん目



本当にねぇもう。頼むよ。

と思いますが、時間とかスケジュールとか本当にその辺のこと曖昧なフィリピン人ですので、改善してもらいたいのはやまやまですが今回は授業はパス。

ゲストが来るまで中途半端に時間があったので、なぜか折り紙大会が開催されました。
origami.jpg

帰り際に、仲良しのDEXTERからプレゼントって折り紙もらったので
なんだかんだ言って満足して帰ってきたひでぶーでしたわーい(嬉しい顔)
present.jpg

左側のは他の子が作ってくれた船。
って、え?!クオリティ高すぎじゃね?!?!?!
嬉しいけど国旗が韓国だ… アイムジャパニーズ。


あ、来週はきっちり2コマ分授業する確約を頂いてきましたからね・・・雷
posted by ぷー at 14:36 | Comment(4) | NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

透明な海と、フィリピン人の涙

5月末に無事21歳になりました犬

でって感じですねパンチまぁ気にせず。

昨日から今日にかけて、モアルボアルというビーチリゾートに泊まってきました。
海は最上級にきれいだし、ビールはよく冷えているし、魚も美味しいしもう大満足でした。
フィリピンにいらした際はぜひ立ち寄っていただきたい。
そして僕も連れてっていただきたい手(グー)

では!写真ですカメラ
whitebeach.jpg
透明で青い。こんなにも違うもんかなぁ。
sea shiny.jpg

雲の切れ目から光が差してなんだか幻想的でした。海辺は特に、すぐに天候が変わる。急に暴風になることも。

plumeria.jpg

これは研修中のNGOの名前にもなっている花「プルメリア」。フィリピンを代表する花だそうです。日本で言う桜みたいなものか?
jackfruit.jpg

ジャックフルーツってご存知ですか?こんな風になってるんだ。ココナッツほど殻は固くない。ちなみに年に数人は降ってきたココナッツが頭を直撃して死んでるらしい

4ketsu.jpg

移動中、横を走っていたバイク。1,2,3,4…バイクのポテンシャル高し
night mb.jpg

夜の海はまた違った趣でいいですね
morning mb.jpg

こちらは日が明けて朝。本当は早朝に目を覚まして朝焼けを拝もうかと思っていたが、まぁ無理だということは夜寝る前から薄々気づいていた。

というわけでした。
日本で暮らしている皆さん、イメージ旅行でリフレッシュしていただけました?笑


そもそも何故今回遠方のモアルボアルまで足を伸ばしたかというと、
NGOの活動でセブシティから離れた郡部に暮らす奨学生に新学期を前にして奨学金を配布しに行く為でした。

どの学校も新学期はだいたい来週の頭か、再来週に始まるようです。
(もちろん自分も…来週の月曜からいよいよUPで学生デビューです目

この作業に同行するのはもうかれこれ3〜4回目ということもあり、だんだん自分も奨学金を配布する光景を目にするのには“慣れ”てきていました。

ただ、今回はハッとする瞬間が有りました。


奨学金を受け取ったある母親が、THANK YOUと口にしながら、泣いていました。

もちろん彼女たちが非常に厳しい生活を強いられていて、奨学金を受けなければ子ども達を学校に通わせるのがとても困難だということはわかっているし、だからこそ子ども達や家族が奨学金のサポートに感謝して一生懸命勉強しているのもわかっていたのですが、そのお母さんを見て、正直、一種の衝撃を受けました。


実を言うと、つい最近、ぼーっとこんな事考えてました。

「フィリピン人が泣いてるとこって見たこと無いなぁ。」

子どもが泣かない気がするって話は以前の投稿でお話したんですが、
そういえば大人だって見ないな、と思って。

まぁ日本でも泣いてる大人見ることなんてそうそうないしな、
でもなんだかフィリピン人が泣いているところって、想像できないな、
とか思っていたところでした。

あ、でもこっちのTVのバラエティーショーでは必ずと言っていいほど“お涙頂戴”のパートがあります。
いかにも、といった泣き方でオーディエンスも皆泣いてます。
こっちのテレビは…。「お約束」だけで構成されたプログラムです(笑)



で、そんな折に昨日の出来事。

センセーショナルな瞬間でした。

実は一昨日の夜少し深酒しており、昨日はまだ午前中目がパッチリ開いていなくて頭もボーっとしてたというのが正直なところなんですが…

急にハッと思って。



話を聞いてみると、こういうことでした。

「奨学金をもらっている子どもがバイクとの交通事故に遭った。重症で病院に行かないといけない。でも、お金がない。お金がを払わないと病院は診てくれない。バイク側も払えない。仕方なく、近所中から借金をした。もちろん利子がつく。これからどうしようもない。」


そこで、NGOとしては緊急に医療費のサポートを行ったのですが、医療支援を受けられると思っていなかった母親が、その場で号泣していたのでした。

前回の記事で「自分の身は自分で守る」という話をしました。
それでも防ぎきれない事故はあります。

この子は、いわば被害者。
バイクにぶつけられて怪我を負って、それだけでも可哀そうなのに
その先に待ち受けていたのはこんな現実です。

フィリピンは世界の象徴なんじゃないかって、たまに思います。

今の世界は、お金がないと、本当に何もできない。

綺麗事では生きていけない人がいくらでもいるんだ。


上に並べた素晴らしい海。
でもそこは
vendor girl.jpg
1個100円するかどうかのネックレスを必死で売ってくる子たちで溢れています。
たとえ1つ売れたとして、彼女が手にできるのはほんのわずかな額だと思います。

そんな彼女たちを目の当たりにして、「裕福な国」から来た観光客は彼女たちのことを煙たい存在だと嫌いがちです。

自分だってそうです。はっきり言ってしつこいから。

でも、ちょっと10秒考えてみる。

10秒後にどういう事を考えているかは考える人次第だと思います。


それでも彼女たちは気持ちいい笑顔を見せてくれます。
wild play.jpg
すごいオモチャで遊びながら、100%の笑顔を見せてくれます。


これが、世界の行きつくところなのか。
究極そうかもしれない。

だってそうじゃないと今の世界成り立たない。

だから、ちょっとずつ、歪みをなおそうと考える人が現れたり。
でも、その人がまた歪んでいったり。

21歳始まりたての自分には、まだまだ世界がわからないのであります。

綺麗事が通用しない世界だということは思い知りつつ、
綺麗事を言うと、
これが世界の途中だと信じたい。

21歳。1mmでも広く、今の自分には見えていない世界を覗きたいと思います。
posted by ぷー at 21:26 | Comment(12) | NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

「ひでぶ−」もいよいよ

固有名詞としての格を得始めました…
ひでぶー」として僕や僕のブログを紹介していただく場面が増えてきておりまして、そう実感しています雷

そして、昨日なんと5月から研修生として僕のことを迎え入れて下さる教育支援NGOプルメリアさんのブログにも「ひでぶー」を紹介していただきましたひらめき
嬉しい限りでございます…。
よかったら皆さんもチェックしてみてください!
BLOG(ひでぶーの記事)http://blog.goo.ne.jp/cebu_plumeria/e/b06a9ad25868e1f8819eb76ced2dfc2a
ホームページhttp://www.cebu-plumeria.jp/index.html

研修中は、このブログの中でも、NGOの活動について色々とご紹介していきたいと思っておりますので、乞うご期待。

このプルメリアさんの活動には、未熟者の自分ながら、本当に共感しています。そんなプルメリアの活動に1年間を通して携わることができる、このチャンスを大事に、自分なりに精いっぱい多くのものを感じ、発していけたらと思っています。
children...jpg
「教育を受けられるか」このハードルは、最も基本的であり、最も困難なモノなのかも知れません。




ちなみに「ひでぶー」というのは、
自分がバイトでカウンターでお仕事をしていた時、
カウンターに飲みに来てくれた人生の先輩が非常に適当に名付けてくれました。ありがとうございます。今では立派なブログ名になっております。

なんか暇だったので書いてみました↓
スキャン0002.jpg

ブログ画像として使おうかと思ったんですがなんだか設定がややこしくて断念。機械に疎い人間なもので…。でもお蔵入りはなんだか悔しいのでここで披露させていただきました(笑)



さて、留学に向けた事務的な準備ですが、UPへの最後の提出書類が完成しました。
内容は「中央大学からの留学許可」です。

実は中大から最終的な留学許可が出たのは今月の頭で、それまではハラハラと結果を待っていましたがく〜(落胆した顔)
なのでこの書類については3月の訪比時には提出できなかったのです。


結果がでた後、中大に許可書の発行を申請したんですが、
前例がないため雛型がない
とのこと。

うっどんっ(衝撃)


というわけで、自分で色々な書類を眺めて参考にしながら
オリジナル留学許可書
を作成してみました…笑

事務室にそれを持っていくと、OK決定とのことでしたので学部長のサインと大学の公式スタンプを押してもらうことができ、無事完成。


公的書類を、英語で、一から作るというのはやはり慣れないことなので大変ですながく〜(落胆した顔)


にしても、フィリピンの所謂「」的な機関は「」だけを気にして内容はほぼ見ていないような気がします。
今回の留学許可書だって、たぶん
"PERMITTION TO CROSS ENEOLL(認定留学の許可)" の題字さえ目に入ればパスなんだろうなぁー。

IMMIGRATIONへの提出書類も、UPへの書類も、だいたいそんな感じ。
この前なんか書類の内容証明をしてもらうためにわざわざ現地の法律事務所までいったのに、手数料の100ペソ払うと内容なんて全くチェックせずスタンプをポン。

まぁこっちはそれで話が通るならいいんだけどさ…パンチ



フィリピンでは何をするにも、膨大な数の手続きとそのたびに発生する手数料(時には賄賂やチップ)、それに耐える忍耐力と財力が必要だと一連の入学手続きで感じました爆弾爆弾苦笑

その割に形だけ整っとけば内容なんて見られないって言うなんとも虚しいこの気持ち目



まぁなにはともあれ、
自動車学校車(セダン)も無事「退学」し、あとは心おきなく日本生活を楽しむのみです!!!

密かにフィリピンでの免許取得を目論んでいるひででした。。
RIMG0677.jpg
プルメリアが教育支援している孤児院の子供達と海に遊びに行ったとき。
posted by ぷー at 15:18 | Comment(8) | NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。