2010年11月27日

CPDRC囚人ダンス観覧予約方法

ブログ強化週間と宣言したのに更新頻度いつもと変わらず。反省。

しばらく無気力な日々が続いていました。すみません。

たしかに、日本に居る時よりも精神的な理由からくる体調不良や生活に支障をきたす症状が出ることは圧倒的に少ないのですが、それでも気分の波は相変わらず自分を襲ってきます。

これはもう死ぬまで付き合っていくしかないね。

「不安」が自分を苦しめることはフィリピンでは殆ど無い。
何にも気にしないで毎日生きていける。それは正しかった。

ただ、そのおかげでもっと自分の中身と向き合う時間が増えたりと、質は変われどぐるぐるの総量は変わっていないようです。

この半年があってよかったなと、今は感じてます。



…何の話だ(笑)


今日はブログ記事を一気に大放出しよう!と、重いラップトップを背中に背負ってわざわざJoker's Arms(権兵衛さんとひでぶーのブログ更新スポット(笑))に来たのに…


写真データ入ってるSDカード持ってき忘れました。ガクッパンチ

必要以上に落ち込まず、写真なしで書ける記事を今のうちに書いとこうと思います。



最近、おかげさまでブログ読者の方を中心に、僕のもとへ
「囚人ダンスの予約の取り方を教えて犬
というリクエストがよく届くようになりました。

そこで今回は、CPDRC囚人ダンス月例パフォーマンスの予約方法をまとめて紹介します!


そもそも囚人ダンスって何?って方は、こちらの過去記事↓をご覧ください。

http://henjinpooh.seesaa.net/article/158071729.html(7月レポート)
http://henjinpooh.seesaa.net/article/160984483.html(8月レポート)
http://henjinpooh.seesaa.net/article/163834076.html(職員インタビュー記事)

<予約方法1>直接役所に申し込みに行く。
CPDRCはセブ州が管理している拘置所ですので、セブ州の州庁舎に行けば直接観覧の申し込みができます。
capitol.jpg
州庁舎(キャピトル)の建物の正面入り口から中に入り、入ってすぐの階段で2階に上がりましょう。
廊下を右に進むと、"Governor's Office(知事室)"に辿り着きます。
部屋の中に居る役人に事情を説明すれば、予約を受け付けてくれます。


<予約方法2>電話予約
上記の州庁舎のGovernor's Officeの直通電話にコールして、電話予約をすることも可能です。
番号は253-9613。
携帯やセブ市外から掛ける場合は、番号の前に市外局番032を忘れずに!

電話やりとり例(多分ね)
役人>Good afternoon, Governor's Office.
あなた>I'd like to make a reservation for the CPDRC's monthly performance.
役人>Okay. How many are you?
あなた>We are five.
役人>Can I have your name please?
あなた>Akihide Noguchi. A K I H I D E, N O G U C H I.
役人>Please come at the provincial capitol at 2pm. The performance is to start at 3. Okay?
あなた>Okay Ma'am. Thank you. Bye

基本的に、公開パフォーマンスは毎月最終土曜日の午後3時から行われます。
ただし、月によって開始時刻等が変更になる場合もありますので、必ず予約時に確認するようにしてください爆弾

予約時に聞かれる情報は
○参加者人数
○代表者氏名
です。

前日までの予約が推奨されておりますので、まぁちょっと前もって予約しときましょう。

それでも「予約し忘れた…」「予約してないけど行きたい…」
そういう方は

<予約方法3>ノンアポ突撃(非推奨(笑))
集合場所に直接行って、役人と交渉してみてください。だいたい観覧OK出ると思います。
ただこれに関してはもちろん断られる可能性あると思うのであくまで自己責任で…。


集合場所は、州庁舎のPOST OFFICE側の入口を少し入ったあたりです。
postoffice outlook.jpg
(こういう小さな郵便局があるはず。)
正面ゲートで待っていても、置いていかれるだけなので気をつけて!

正面ゲートで待っていて、
「まだ誰も来てないけど、まぁフィリピン人だし、集合時間だれも守らないんだろうなー」
なんてタカをくくってると痛い目にあいますパンチ


だいたい集合は2時と言われるんですが、20分前位から、早く集まった人を先に乗せて拘置所にシャトルバスが出発し始めますバス雷

遅いバスで出発した人達は良い席が取れず、立ち見になる可能性大なので、極力早く行くようにしましょう手(グー)


他にも何かわからないことがあればコメントをください!わかる範囲でお答えします!

大迫力の囚人ダンス、ぜひみなさん一度は体験してみてください!
zonbi.jpg
posted by ぷー at 18:37 | Comment(0) | セブ名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

ジャングルに忘れ物はありませんか?

crown regency.jpg
このところいいお天気が続く、セブ島です晴れ
この写真を撮ったのは、セブ市のど真ん中にあるフエンテ・オスメニャのすぐ側

crown regency 2008.jpg
CROWN REGENCYという超高層ホテルの19階ロビーですカメラ
写真では分かりにくいのですが、このホテルは頂上階にエッジ・コースターという恐怖のアトラクションが備え付けられており、屋上階の周りをコースターでぐるっと一周回ることができるのです…。
SkyWalkという、屋上の縁を散歩できるアトラクションもあります。


アトラクションそのものの怖さというより、フィリピンでコースターというクオリティへの信頼の置けなさから自分はまだ挑戦していないのですがモバQ

実はアトラクションへの入場ゲートは19階にあり、そこまではエレベーターで誰でも無料で上がれるのです。
売店もあるし、気軽に市内を一望できるスポットとして穴場だと思いますよ!夜景も、晴れの日も、最高夜晴れ




タイトルの話に移ります…
もう1週間前になってしまいましたが、セブ島のお隣マクタン島はラプラプシティにある、日本人観光客にも人気の
ジャングル・レストラン
に初めて行ってきました。

ジャングルレストランとは言っても本当にジャングルにある訳ではありません爆弾どんっ(衝撃)

600ペソ〜800ペソのランクから選べるフィリピン料理のコースが出てきて、
jangle handred hands.jpg
テーブルからすぐ近くのステージで、フィリピン各地の伝統的なダンスをパフォーマーが踊ってくれるのです。

hunting.jpg
これは狩りのダンス?

firedance.jpg
ファイヤーダンス!おカマさんが、火の玉をすごい勢いで飲みこんでました雷

jangle restaurant together.jpg
最後は観客もダンスに交じって、写真撮影もできます目

食事に600ペソ+ビール1本75ペソ、ちょっと高いな〜と思いましたが、
ステージパフォーマンスもばっちり1時間強楽しめましたのでまぁ良しとします。

ダンサーたち、だいたいハイスクール位の年齢(15歳以下)に見えました。
ちゃんと学校には通えてるのかな?ダンスのクオリティは文句なしです。

セブだけでないフィリピンの文化をちらっと見てみたい方には、お勧めですよ。
クレジットカードが使えないので、そこだけ御注意を!




ただ、今日の記事で強調したい事がもう一つありまして。


1か月の語学留学を終え昨日日本に帰ってしまった、我がサークルPocoPocoが誇るうっかりクイーンのカツカフさん雷


何と彼女がこの日、ジャングルレストランにカメラを忘れて帰ってきてしまったのです…がく〜(落胆した顔)



さぁ、あなたなら海外のレストランにカメラの忘れ物をした時どうしますか?

@翌日店に取りに行く
A電話をして、取っておいてもらう
B諦める





もちろんどれもトライするべきだとは思いますが、

ここフィリピンではB諦めるもうやだ〜(悲しい顔)が賢明かと思います


よっぽど店側の対応が親切であれば話は別ですが、もし電気製品などの高価なものを店に忘れてしまった場合、自分のもとに戻ってくる事はまずないと考えていいかと思います雪

なぜなら、その製品はきっと高く売れるからです!


スリや置き引きなどの悪質な窃盗はもちろん別問題ですが、自分の過失で無くしたものに関してはこういうオチが殆どです。

カツカフさんも選択肢Aにトライしましたが、店側は「わからない」の一点張り。


このレストラン、こんなトコだからやめた方がいいよ!とか言いたくてこの記事書いてるわけではありません。
ただ、一般的な話としてフィリピンのレストラン等の施設では、とにかく忘れ物をしない様に、気をつけてくださいね!という事でした。
日本だと考えにくい事が、フィリピンでは起こるんです。


自分は、一度カフェに眼鏡眼鏡を置き忘れて帰ってきてしまったことがあり、
ド近視の自分に眼鏡のない生活は恐怖の世界なので、ものすごくヒヤッとしたのですが、

眼鏡は店が保管してくれていました。

僕の視力と全く同じ視力を持った人間にしか、価値のない品だからですね。

基本的にとても視力の良いフィリピン人にはなおさら、必要ない物でしょう。
(フィリピンで眼鏡をかけている人はあまり見かけません。コンタクトも普及しておらず。)

つまり、売れないのです。




なぜフィリピンではこんな事が起こるのか…。
なぜ日本ではこんな事は起こりにくいのか…。

答えは、考えれば考えるほど、エンドレスです。
posted by ぷー at 02:43 | Comment(2) | セブ名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

アイランドホッピングに行ってきました。

最初にお断りしておきますが、本日の記事は写真攻めです!

今日は、日本からNGOプルメリアの里親会員さんがセブにいらっしゃっているということで、その会員さんと、里子家族(×2)、そしてプルメリア家族の総勢19名で、アイランドホッピングに行ってきました。

セブ島から橋を一本渡ったところにあるマクタン島から、さらに船で1時間ほど行ったところにある島で、泳いで食べて、飲んできましたビール

やっぱりこれがセブの醍醐味ですねーリゾート背中がひりひりしてます晴れ

というわけで!皆さんも自分の写真で南国気分をお楽しみください〜カメラカメラ

mini boat.jpg
陸から船までは、この手押し式(?)ミニボートで移動。転覆しないようにバランスを取らないと…

brothers.jpg
kids lookin in the sea.jpg
船の中より

seamen.jpg
うみんちゅ。

arriving.jpg
目的地の島に到着!

beach.jpg
いいねぇ南国だねぇ暑いねぇ焼けるねぇ

dog bites cock.jpg
ちょ、犬が全力でニワトリ襲ってる目

fish!.jpg
お。その場で焼いてくれるんですな!ということは…

sanmig on the beach.jpg
やっぱこれだねー♪サンミゲルピルセン(トッポ風に)

bbq 523.jpg
食事はこんな感じで。肉、海鮮、ビール!

bbq 523.jpg
playin on the beach.maki.jpg
よく食べ、よく遊べ。

smiles523.jpg
子どもにまみれて楽しかったー。


来週は、これまたセブの有名ビーチスポット「モアルボアル」に行ってくる予定です。あぁセブは楽園だ。
posted by ぷー at 21:36 | Comment(11) | セブ名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。