2010年07月11日

2010年7月11日のセブの素顔〜その3

この記事は、前々記事「2010年7月11日のセブの素顔〜その1」(http://henjinpooh.seesaa.net/article/156065069.html)の続きである
前記事「2010年7月11日のセブの素顔〜その2」(http://henjinpooh.seesaa.net/article/156066410.html)の続きです。

ぜひ順番にお読みください。

balance.jpg
日本むかし話以来見た事のないような道具を使っています。
でもこっちの人にとっては何の驚きでもないです。
技術が進んでも、それを利用する財力がなければ一緒です。


歩道橋の下には、
iro n guy.jpg
犬を売ってる人たちが。
確かに可愛い犬
こっちでは犬を買うときは、どっかの家で仔犬が産まれて引き取ってくるか、こういう道端の動物売りから買ってくる、というパターンのどっちかみたいです。
当然狂犬病の予防接種なんて自分が打つ余裕も犬に打たせる余裕もないし、去勢手術を受けさせることもできないから、道には野良犬がうろうろしてるし、狂犬病で死ぬ人も多くいるみたいです。
道で轢かれて死んでるのもよく見ます。


歩道橋に登れば
child on the bridge.jpg
子どもが、しっかりとお金を入れてもらうコップだけは上に向けて握りしめて、寝ています。
歩道橋には屋根が付いているので、日差しや雨を避けるため、寝ている子どもは多いです。


lolo.jpg
おじさんは…誰?

fruitstand.jpg
さすがフィリピン、フルーツスタンドは至る所にあります。

hammok baby n mama.jpg
ハンモック…。





写真を撮る時に、被写体になる人にいつも声をかけますが、
反応はいろいろです。


でも、撮るなという人はほとんど居ません。


興味本位で、撮られたい、という人も多いです。
ポーズをとっている人達はこういう人なことが多いですね。

そして、ちょっとためらっている顔をしている人は、
写真を撮った後に、金乞いをしてきます。


路上生活者にお金をあげることは、フィリピンの法律で禁止されています。

正直に言うと今日自分は何組かにはチップを渡してきました。

モデル料として、払っていいと思ったからです。

と言っても、コイン1枚程度です。


道で暮らしている人に、情でお金をあげて、彼らの生活が成り立っちゃって、
(成り立つ、とい表現自体おかしいですね、生き延びられて、という方が正しいかな)

働かなくても生きていける環境を作るのは正しくないとも思います。



「働かざる者食うべからず」

と言いますもんね。

ただ
「働けざる者」
がたくさんいるのもここです。

本来「働くべからぬ」子ども達が「働かねばならぬ」状態なのもここです。


社会の構造によって、「働くことのできない者」こそが本来救われるべきだと思います。

「働けるのに働いていない」というのはここではまた別の議論。



じゃあなんで金乞いの人たちはそんな生活をしているんですか?


じゃあ彼らに何の仕事ができるんですか?


教育も無い、身寄りもない、家もない、でも子供はいたりする。


ぐるぐる。



いまのフィリピンに、この矛盾にまみれた社会を改革する力は、正直ないんじゃないか、と思います。正直。

なぜなら、そのためにはまずフィリピンで生きている人が、「何を変えなくてはならないのか」に気づく必要があると思うからです。

教育を受けずに、それはできません。

「お上の人」は、庶民に現実を知ってほしくありません。


だから、NGOなんかが、どうにかしようと、フィリピン人に自分の力で問題を克服させる力をつけられるようにと、教育支援をしているのだと思います。



5ペソを払って写真を撮って、ブログに載せて、みんなに伝えて、

このブログを見た誰かが何かを感じて、

いつかこの人達に、この子たちに、大きな何かが返ってくるといいなぁ、とか思います。



セカンドチャンスの子ども達も、こんな環境を経験しているわけです。
運よく、市の社会福祉事業の対象になって衣食住を保証されて、
縁あって、今自分は彼らに音楽を教えて、NGOでは教育支援をしています。



もし、自分の人生の中で、ちょっとだけ割いても良い時間があれば、お金があれば、

ぜひ見に来てください。

その時から、世界は他人事から自分事に変わります。



一人でも多くの人が、一人でも多くの人の事を考えられる世界になったらいいなー。



皆さんの関心が、未完成な「今」の世界には、たぶん必要です。
NGOなんていらない「未来」の世界のためには。
NGOプルメリアのホームページです↓
http://www.cebu-plumeria.jp/012/index.htm
posted by ぷー at 22:24 | Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年7月11日のセブの素顔〜その2

この記事は、直前の記事「2010年7月11日のセブの素顔〜その1」の続きです。
まずはそちら(http://henjinpooh.seesaa.net/article/156065069.html)から読んでいただければと思います。


前記事の最後の写真の子供は
st. fam711.jpg
金乞いして回っている親子(?)の子です。
女性は、カメラを向けると、慣れないのもあるだろうし、複雑な気持ちもあるんでしょうが、照れたようにしていました。
ちなみに、親子の後に(?)と付けたのには理由があります。
赤ちゃんを抱いていると情に訴えやすい、という理由で本当の親子じゃなくてもペアになって金乞いをしているケースがあるからです。

悲しいもので、一般的に言うと幼稚園にも行かないほどの年齢のちびっ子が、
begging.jpg
金乞いの仕方を知っています。
ご飯を食べる仕草を見せて、その手を道行く人に近づけます。

lookin up to me.jpg
そして、時には数十メートルも歩いてついて来ます。

escape from cam.jpg
この子は、カメラを向けると逃げてってしまいました。


また見つけた。
beggers2.jpg

この子たちは、「写真撮らせて」というとポーズ取ってくれました。
beggers2-2.jpg
一人シャイガールがいる。

そして何枚か撮ってると他の子も加わってきました。
beggers2-3.jpg


今日は日曜日。何しようか考えて今日は写真を撮りに来てみました。

この子たちには平日も日曜もないんですね。


続く。
posted by ぷー at 21:01 | Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年7月11日のセブの素顔〜その1

フィリピンを構成している3つの地域。
ph_luzviminda.png
ルソン。ビサヤ。ミンダナオ。

ビサヤ地方の中心、セブ州。

セブ州の中心、セブ市。

そのセブ市のド真ん中と言えるのが、今住んでるお家から歩いて10分弱の
フエンテ・オスメニャという交差点です。



フエンテ・オスメニャの周りを歩いてみると、セブの現実が凝縮されている気がします。


今日はそんなフエンテ周辺を、カメラをぶら下げて歩いてきました。



buco.jpg
道端のフルーツ売りは、セブの光景には欠かせません。
これはココナッツを売り歩いてるおじさんです。

street woman.jpg
この人とのやりとりは、少し緊張しました。
ガラクタを集めて、なんとかお金にして生計を立てている人なんだろうと思います。
ただ、すごく怯えている様子で、警戒心をあらわにしていました。
写真を撮ることには首を縦に振ってくれましたが、それ以上は踏み込むな、という雰囲気です。
きっと身寄りもないんだろうと思います。
究極の貧困状態で、フィリピンでの唯一の救いといえる『家族間のサポート』がないとき、この女性はどういう心理状態なんだろう。

cc cycle boy.jpg
家の近くにある自転車屋さん。
この男の子は毎日ここで働いてます。まだ6〜7歳くらいじゃないかと思いますが、周りのおじさんたちが修理の仕方なんかを教えてるようで、腕はかなりのものだと思います。
この子がどういう大人になっていくんだろう、といつも考えます。
確かな技術で、一応手に職はつけられるんだろうな。

wheres he.jpg
この中に人間が隠れています。さてどこに居るかな?笑

flower ring.jpg
花で作った腕輪を売って生活している親子。
1つ5ペソです。

pirates discs.jpg
toy story3.jpg
海賊盤のパラダイス。昨日言ったようにTOYSTORY3もあるでしょ。
しかもよく見ると「ブルーレイ」らしいですよ!爆

そのすぐ隣には
boy n baby.jpg
少年と赤ちゃん。
道端で果物を売っている家族の子ども達の様です。
その家族っていうのは以前の記事で写真を掲載した笑顔が素敵なおばちゃん達です。
赤ちゃんも、こんな環境で過ごすしかないんだな。

「道端」といえば、この道には
toy story3.jpg
ところどころゴミクズが山積みにされています。
黒い斑点のように見えるのは、全てハエです。



なんでこの人たちはこんな生活をしているんですか?
st.child711.jpg


続く。
posted by ぷー at 20:44 | Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

カメラ片手にセブ散歩

今日は、首からカメラをぶら下げてとぼとぼ歩いてみました。

なーんにもしたくない気分だったんですけど。

まぁこういうときは写真でも撮りに行くかって思って。

やっぱり楽しかったです。

ヒトをたくさん撮ってきました。

P1060647.JPG
バナナに囲まれて寝るおばさん。
前勉強してた語学学校の近くの道端です。さすがバナナ天国。

P1060648.JPG
道路脇で魚を売っているおばあさん。
写真を撮っていいかと聞くと、微笑んで魚をさばく手を止めてくれました。

P1060650.JPG
このおばあさんは不思議な眼の色をしていた。なんだか不思議な。

P1060658.JPG
木炭を切り分けて袋に詰めているおばさん。
手が真っ黒だ。

P1060670.JPG
セブドクターズホスピタル沿いの歩道で果物を売っているおばさんズ。

おばさんたち撮ってたら皆撮って撮ってっていうので全員写真に納めてまいりました。
P1060671.JPG
良い笑顔だ、じいちゃん。

P1060673.JPG
お父さんちょっとシャイなようだね。

P1060674.JPG
若夫婦?

P1060678.JPG
仲良く新聞読んでる。


今までは、写真を掲載する時はブログサイズ用にサイズ圧縮していました。
そのままのサイズであげると更新に時間がかかるし、このブログサイトのデータ容量は2GBらしいので、一気に潰してしまうんじゃないかと思って。
でも正直そのままの画質で掲載したいと思っていたので、今日は全写真をフル画質でアップしてみました。


別にテクニックとか知ってるわけでも、上手に撮れるわけでもなんでもないんですけど、
写真好きなんですよね。

自分にしか撮れない写真はあるじゃないですか。

今日撮ったどの写真も、“自分と話をした”みんなの顔だし。


んー、こういうこと書くと怒られそうなのでちょっと考えますが、まぁ書きます。


カメラ首にぶら下げて街を歩くとか、多分ちょっと危険行為ですよね。

スリのタイミングを待ち構えてる人にとっちゃあもしかしたら格好のターゲットですね。

だってこのカメラを盗んで売れば、かなりのカネになるだろうからなぁ。



でも思ったんですけど、

自分が撮りたい写真はむしろ街中とか、そういうところでふっと心に残ったシーンが多いわけで、

そんなシーン達にカメラを向けることができないなら、カメラ持ってる必要もほとんど無いんですよね。

だから、できるだけカメラを持ち歩きたいと思います。

盗られたらその時はその時。

盗られないようにと警戒して撮りたいものを撮らないなんて、カメラ持ってる意味そのものが無くなる。


あ、もちろん、自分の身に危険が及ぶ可能性を感じたら、やめます。
ファインダー覗いて視界が狭くなってる時に持ち物盗られたりとか、歩いている時にボーっとしててカメラ盗まれないようにとか、細心の注意は払います。
写真に命懸けられる程の覚悟は無いですから…。






人に焦点を合わせるって、いつでも少し勇気が要ります。

人の顔をファインダーのなかで狙うとき、勇気が要ります。

でもその勇気は出して後悔することのない勇気だし、

誰かの今を残すときには必要な勇気なんだと思います。


写真、撮っていきたいと思います。
posted by ぷー at 19:19 | Comment(8) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。