2011年08月14日

無料で楽しむアンコールワット!それは時間との戦い!!

せっかくカンボジアにやってきたんですからここは外せませんね!

アンコールワット!


だけど貧乏な僕らは知らなかった。

アンコールワットには入場料20ドルがかかることを…。


あきらめるか?
シェムリアップまできといてあのアンコールワットに行かないのか?!

葛藤の末、ある結論にたどり着いた。

「そうだ、どうにかして無料でいこう手(グー)



案外この世界ってのは物事が簡単に思うように進むもので、
トゥクトゥク(バイクタクシー)のドライバーに相談すると

「夕方の5時半からはタダで入れるよ!」

との答え。

地球の歩き方に書いてなかったぜー!!

ただしその言葉には続きが。

「オレが警察に交渉するから、何か聞かれたら『ちょっと写真を撮るだけだ』って答えて」

とのこと。

お。危ない橋を渡ろうとしているがく〜(落胆した顔)?笑
と思いつつも、背に腹は変えられぬ!(使い方逆かw)てことで突撃してきました!

アンコール遺跡群の敷地内に入るエントランスでポリスと上記のやり取りを交わし、
不穏な空気をものともせず無事ボーダー突破!

そのとき時刻は午後3時。

目の前にはアンコールワットが見えてきた!しかし!

「建物には5時半から6時の30分しか入れない。それ以外の時間に入ったら100ドル取られるよ」
とドライバーからの忠告。

巨大な世界遺産を30分って・・・鬼だな・・・
まぁウダウダしてても仕方ないので!

時間の有効活用!5時半まで近くのカフェでビールのみのみ。
205868_2035858935232_1206987212_31862044_914411_n.jpg

やっと時間がやってきました!




ダッシュ!!!!!
252167_2035860335267_1206987212_31862050_8202220_n.jpg

ジャンプ!!!!!!!!!!
184069_2035863375343_1206987212_31862063_5142797_n.jpg

カムバック!!!!!!!!!!!
262894_2035859335242_1206987212_31862047_5075930_n.jpg


251997_2035862055310_1206987212_31862057_5778755_n.jpg
↑みんなが触りすぎてバストのサイズ落ちたらしいw



急かされてる感ハハンパなかったですが、それはそれで凝縮した30分、楽しかったですw
226111_2035862935332_1206987212_31862061_1700589_n.jpg


お金はないけどアンコール!ってあなた、試してみてはいかがですか?



ほかにもシェムリアップには観光地がたくさんありました!
284334_2035870135512_1206987212_31862097_2526352_n.jpg

仏教関係の寺院をはじめ、

206001_2035854375118_1206987212_31862023_4729974_n.jpg
マーケット等。


284335_2035854015109_1206987212_31862022_5749041_n.jpg
↑タイパンツをひたすら値切る2人

アンコールワットの近くにはポルポト政権時代に虐殺された人たちの骸骨が残る
285548_2035854895131_1206987212_31862026_3768790_n.jpg
キリングフィールドも。

詳しい解説の展示がなかったので深い理解にはいたりませんでしたが、
この頭蓋骨の山を見るだけで事の惨さはわかります。


夜はしゃべって飲んで
262569_2035866135412_1206987212_31862075_6325696_n.jpg

翌朝のバス出発時間に起きられず、ふらんに怒られました。ごめんなさい。
283983_2035867015434_1206987212_31862080_7622209_n.jpg
これでバスすっぽかすの2回目ですねwはい。反省します。。



こんな感じのシェムリアップでした!

もう何年でも住んでたいなーって感じの素敵な街でしたよ!
そして日本人がとても多い!

プノンペンには中国、韓国が積極的に進出しているようですが、まだシェムリアップは日本攻勢の様子。
電化製品もSAMSUNGよりSONYって感じ!
日本がんばろうぜ!

posted by ぷー at 03:05 | Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

蛙、蜘蛛、偽鼠。

無事腹痛を乗り越えカンボジアはシェムリアップにやって来ました。

国境越えバスの道中はとにかくお腹を刺激しない様に、動かない様に…と極力存在感薄めで頑張りました。


たまたま後ろの席に座っていたのがフィリピン人おばさんグループだったので、

「下痢止めとか持ってないよね青ざめ青ざめウンチマーク?」

と聞くと、
「ちょっと待って、いま探してみる!でも下痢にはリンゴがいいから食べなさい!リンゴ持ってる?なかったらバナナでもいいの!それからこれ食べなさい!」

といって差し出されたのはクラッカー。

胃にキツイわ!

んで国境越えの日にリンゴもバナナももっとらんわ!!

相変わらずお節介で愉快なフィリピン人です笑



13時間のバス移動、途中何度もトイレ休憩がありまして、その度ぼくは念のため腸の中に残った排泄物を出し切ってきたのですが、


image-20110810170457.png

ヤバイとこ来たなーっていうね。
トイレ脇でタランチュラの佃煮売ってる!!

※僕はネタ作りの為に自分の身を削るほどの男ではない。

普通に同じバスに乗っていた男の子が脚を一本一本むしって笑顔でバリボリ貪っていたので、邪念が心に育っていないピュアな貴方にはお勧めかもね。



image-20110810170812.png
こちらは、頂きました。
カエル炒め!

田舎の方の食堂で、メニュー表もなく何を注文していいのかわからなかったので
「この人が食べてるのと同じもの!」
みたいに頼んだらこんな結末が。

味は…
まぁ鳥と魚の間って感じで可もなく不可もなく。
一度中国で食べてたこともあり、普通でした。
骨が多くて食べるのが面倒くさいから、あんまり好きじゃないかなあ。


image-20110810171110.png
これは昨日の晩御飯を食べたレストランの店頭に立ち尽くす偽ミッ○ーマウス?酷い!



スキ(アジアのしゃぶしゃぶ?)が食べたい!って事でやってきたスキ屋さん。
とりあえず色んな具材がセットになってるメニューを頼むと、


image-20110810171409.png
いやいや、デカ過ぎでしょ。

頑張って2人で4人前平らげてきました!
これでここまでの下痢ダイエットも水の泡じゃい。



今回はグルメレポートに徹してみました!

ちなみにいまアンコールワット!
20ドルの入場料を惜しむ僕達は、17:30の無料開放まで目の前のカフェで粘っております!


posted by ぷー at 19:19 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

知らないってのが一番怖い、戦争。

昨日8月6日は、1945年広島に原爆が投下された日でしたね。
日本では平和記念式典の放送があったんだと思います。

毎年この季節には核廃絶の主張も声高に叫ばれ
平和への祈りと決意を各方面の団体、個人が新たにしますね。

今年は東日本大震災、そして震災に伴う原発問題と、
例年とは少し違った心持でこの日を迎えた人も少なくなかったのではないかと思います。


そんな昨日という日、ベトナムにいた僕たちは
ホーチミンの戦争博物館を見学に行ってきました。

281624_2026765387899_1206987212_31850489_2043686_n.jpg

目を疑うような写真が無数に展示してありました。

第2次大戦後、冷戦中の代理戦争として北ベトナムと南ベトナムによって戦われたこの戦争。
開戦の定義がされておらず複合的な原因が絡んで勃発した戦争ですが、

泥沼化の様相を呈すまでに事態が深刻化したのはやはりアメリカによる
東南アジア諸国の社会主義へのドミノ現象に対する危惧が大きかったからなのでしょう。


何百万の人間を虐殺した上でようやくその正当性が保障されるイデオロギーってなんなんでしょうな。


政治イデオロギーも結局は経済的帝国主義の道具に過ぎないように思える。



ジャングルでのゲリラ戦には強くなかったアメリカは
283892_2026766947938_1206987212_31850492_1054598_n.jpg
大量の枯葉剤を撒き散らし

251402_2026765867911_1206987212_31850490_310709_n.jpg
その人体への影響はおぞましいの一言。これが人間の業か。



守るべきものって何なのか、少なくても自分にとっての守るべきものくらい、
ちゃんと自分の五感と頭と心で考えなきゃなって、ほんとにそう思った。


もちろん事の始まりにはどちらか一方のみが戦争に踏み切る大義を持っていたわけでもなく
どちらか一方だけに開戦責任を負わせられるものではないんだろうけれども、それでも、

このアメリカによる人道的大罪を世界の人々の道徳心は許さなかった。


285077_2026765107892_1206987212_31850488_155991_n.jpg

ここにも確かにソ連や中国、60〜70年代の社会主義に傾倒した中南米諸国などイデオロギー対立の構図は見えてくるけれども、

驚くのは欧米やアジアの民主国家からもアメリカの野蛮な行為に大きな批判の高まりがあったこと。
これじゃドミノ理論も机上の空論だ。


この博物館、ほとんど全ての写真の説明文を読んで回ったけれど、

別にその書き方からはアメリカへの憎しみを感じるわけではなかった。

それよりも、ベトナムがこの悲劇を経験しているとき、

世界がいかにベトナムに手を差し伸べてくれたか

そこに大きな希望を込めた展示だったように思う。




ただでさえ被爆者は被爆体験を語ることを躊躇するのに
もう数十年すると、日本にも原爆の経験を語り継ぐことが出来る人がいなくなって。

たぶんこれまでの世界ってそういう繰り返しだったから、
「人類の歴史は戦争の歴史だ」
なんて調子の良い事いえちゃう。

でも、21世紀のこんなにも高度な文明を手にした人類が口にするには
情けなさ過ぎるんじゃないのか?そのフレーズ。



僕たちの意識の及ばない次元で、戦争を繰り返そうという思惑は確実に働いている。

語り継いで、知ることだけが、僕たちに出来る抵抗だと思う。


ベトナムにきたら是非訪問されたい場所でした。








はて、僕の守りたいものはなんだろう。








*蛇足
マックやスタバはベトナムでは全く見かけない。アメリカ側の躊躇なのか、ベトナムの抵抗なのか。
posted by ぷー at 15:14 | Comment(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

案の定を超えた!ベトナムにて人生初の体験!!

やっぱり僕は案の定にはとどまらないビッグな男だと確信した訳です、今日。

なぜならば

まさかの旅行4日目にして

人生初

ウ○コを漏らしてやったからですウンチマークウンチマークウンチマークウンチマークウンチマークウンチマーク


いやぁーまぁ体調崩してヒィヒィ言ってるとこまでは皆さん想像通りだったでしょうよ。

軽くその想像を超えてやりましたぜ!



このベトナムの自由な空気がウ○コの開放的な気持ちを後押ししてしまったのかな。。
宿から出て歩いてたら、ん?おかしいなっと冷や汗を書いた訳です。

急いで宿に戻ってトイレで確認すると

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



もう自分の肛門を信用できません!!

明日の12時間バス移動が不安すぎて笑えない!笑


下品な報告失礼しました!


直太朗兄さんの名曲「うんこ」の歌詞の奥深さを心から理解できた一日でした!
posted by ぷー at 20:02 | Comment(3) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

出発日はいつも二日酔い。

ただいま成田です。

最近日本を出発する日はことごとく二日酔いで嫌になります。

今朝は早起きしてミャンマー大使館でビザをもらって、準備完了です。

搭乗時刻が何気に迫っているので10分以内で書き上げるプレッシャーと戦っています。

P1120464.JPG
同行者はなんとバドミントンのラケットバッグで旅するつもりのようです。

P1120466.JPG
自分はバイト先の先輩に借りたバックパックです。
実は今回がバックパックデビューです。


では機内のビールからレポート始めたいと思いますのでお楽しみに・・・

posted by ぷー at 16:18 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。