2013年04月18日

「リハーサル」

今日はオーケストラのリハーサルの日でした。
そう。ひでぶーはセブのオーケストラで演奏しているのです。
もちろん楽器はクラリネットです。


リハーサルって何だろう。僕がこっちのオケに入ってからずっと抱えている疑問です。
音楽をやってる以上、演奏には二種類。本番か、練習か。
さらにその中で、練習は『練習』と『リハーサル』に分けて考えていました。
リハーサルとはすなわち、「本番直前に行う、本番通りの進行を想定した最終練習」だと
日本では捉えてきたのです。

さて。なんでこんなこと考えるようになったか。
なぜならうちのオケでは、日曜日の14時〜17時、週に一度の「リハーサル」があり、
「練習」と呼ばれるセッションはないからです。
本番が控えていようがいまいが、関係ない。皆が集まって曲を弾くのは、リハーサル。

うーむ。これはリハーサルなのか?


今日は水曜日。イレギュラーな日程で「リハーサル」が行われたのにはもちろん理由が。
明日は本番なのです。明日演奏する曲をソリスト含めひたすら合わせました。
僕は思います。「そうそう、これだよ。これがリハーサルだよ。」


リハーサルが進む中、心のどこかでこの「リハーサル論」が頭の中から離れません。
0.5拍早くティンパニを叩いてしまうパーカッションや、ミの音のソロで堂々とシの音を奏でる
ホルン、ここは戦場か?と突っ込みたくなるような勇敢なスタッカートをキメてくるトランペット
の面々に、背中で殺気を示しつつ。

なぜこいつらは練習をしないんだ。
なぜひたすら「リハーサル」して「練習」しないんだ。

答えは単純でした。

こっちの人は、皆で顔を合わせて、曲を一緒に演奏する時間がたまらなく好きなんでしょう。
個々で黙々とエチュードやスケールをこなしていくことに、やりがいを感じないんでしょう。

日本ではどんな楽団でも、日々の練習の中にトレーニング性が強いコンテンツが含まれていると思います。
中学・高校の吹奏楽部なんて、合奏しているうちの半分以上は、曲ではなく、バンドトレーニングだよね。
これを「リハーサル」とは呼ばないな。これはまさしく【練習】だ。

一方。セブのオケ。
集まってやることと言えば、ただひたすら「曲を合わせる」
なるほど。そういう意味では、いつだって【リハーサル】なのかもしれない。

音楽を心から楽しんでるのは、どっちなんだろう。
音楽を心から楽しむ可能性を持っているのは、どっちなんだろう。






ここでは、アンサンブルの醍醐味が、置いていかれてる。もったいない。
僕はやっぱり、ちゃんと練習に向き合う音楽を仲間たちとやっていきたいな。
そんな文化を少しずつ、育てていきたいな。

完璧主義的で、少しのミスでも目じりを釣り上げてしまいがちの日本。
楽観的で、その場で皆がポジティブな気持ちで居られればいいフィリピン。

この2つの性格を、音楽というフィールド上にてうまく同地点に着地させることが出来たら、
きっととてつもなく深く明るい幸せが待ってるんじゃなかろうか。
セブンスピリット、そんなところに向かってやっていきたいと思う。


↑最近の子ども達。

とりあえず。明日の本番は、楽しむことだけに意識を集中して吹いてこようかな。
posted by ぷー at 02:59 | Comment(0) | 音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

セブに音楽スタジオ設立を目指してCAMPFIREにプロジェクト公開です!

昨日11/8、クラウドファンディングサイトCAMPFIREに、プロジェクト
【スラムの音楽教室inフィリピンー学校で学べない子ども達に、オーケストラで教育を】
を公開いたしました!
campfire-1.jpeg

先日の記事でもお知らせした通り、現在セブンスピリットというNPOでセブの子ども達との音楽教室に取り組んでおりますが、
より多くの子ども達に音楽教育の機会を与え、セブを拠点に活動する音楽家の才能と学びを若い世代に繋いでいくための拠点として、
セブ市パリアン地区に、音楽スタジオを設立することになりました!
応援バナー.jpeg
物件を防音仕様に改築し、設備を整えるための資金を、CAMPFIREというサイトを通じて募ることになったのです。1口500円からのご支援を募っておりますので、どうか皆様、応援宜しくお願いいたします。

恥ずかしいビデオも公開しておりますw


プロジェクト掲載の経緯や、集まったお金で実現できることなど、詳しくはプロジェクトページをご覧頂ければ幸いです。
http://camp-fire.jp/projects/view/481

思えば約2年前。プルメリアで研修をさせて頂いていた頃に、ふと思い立った日がありました。
その日のブログのタイトルは
『2010年9月28日。人生宣言。』
http://henjinpooh.seesaa.net/article/163970080.html
これです。

あの頃から色々ありましたが、ぐるりと回って
この日の宣言を、いま真っすぐ追求できる環境に、いさせてもらえているような気がしています。

子ども達に音楽で生きる力を。
どうか、皆様のお力添え、宜しくお願いいたします!
今一度、こちら、CAMPFIREに掲載中のプロジェクトURLです。
http://camp-fire.jp/projects/view/481

また、本投稿を持ちまして、「ひでぶー」での記事掲載は最後とさせて頂きたいと思います。
皆様、これまで僕の乱筆に温かい気持ちでお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

今後はブログ執筆活動も再開し、以下のURLの新サイトにて掲載を行っていきます!
http://seven-spirit.or.jp/blog

引き続き、HIDEを応援宜しくお願いいたします!
posted by ぷー at 01:47 | Comment(0) | 音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

Pray For Japan. Walk With Your Chins Up!

今回の震災で犠牲となった多くの方々、ご家族の皆さんに、心よりお悔やみ申し上げます。
被害に遭われた大勢の皆さんも、これからより一層状況が厳しくなることと思います。
どうか辛い日々を耐え抜き、一人でも多くの方に無事この震災を乗り越えて頂きたい。

セブにも一時津波注意報が出されたようですが、幸い直接的な影響はありませんでした。

ニュースの映像を見、ただただ無力さと虚しさだけが心に残りましたが、13日の日曜日、予定通りハイスクールの生徒と孤児院の男の子とでピアニカの合同発表会を行いました。

all the participants.jpg
ブログをお読みいただいている方や週末の孤児院アクティビティに参加していただいている皆さんをはじめ、たくさんの皆さんにお越しいただきました。お忙しい中どうもありがとうございました!

当日は、孤児院ボーイズがAmazing GraceWakaWakaるんるん
そして、アベリアナが津軽海峡冬景色とセブの民謡"USAHAY"を披露しましたわーい(嬉しい顔)

200596_1916181105318_1265689493_32269514_7922802_n.jpg

この日に向けて一生懸命練習してくれた子ども達の努力の甲斐もあり、お客さんに楽しんでもらえる演奏を出来たんではないかと自分で感じられるほど、立派に演奏してくれました目

これで一区切り、この後は彼ら自身の手でこの音楽教育の種を育て続けてもらう事になりますが、もう任せても大丈夫かなわーい(嬉しい顔)、という自信も感じさせてくれました。しっかりサポートは続けながら、今後の成長を見守っていきたいと思います手(グー)



プログラムの後半には、日本とフィリピンの文化を題材にしたジェスチャーゲームで盛り上がったり…

極めつけは、サプライズでチーム対抗ピアニカ教え対決!

アベリアナの学生に、日本人参加者とセカンドチャンスの子供たちに一曲アンサンブルを教えさせ、20分後のプレゼンで最もクオリティの高い演奏を披露したチームの優勝!というルールひらめき

これまでに伝えてきた、「初心者に“教える”力」を図る絶好の機会!

各チームの練習の様子を覗いていると、どのメンバーもなかなか立派に教えている。いいぞいいぞ手(チョキ)

最終的には、演奏にダンスを組み合わせたユニークなパフォーマンスを見せてくれたチームの優勝となりました犬犬

dandelions singing.jpg
最後に子供たちが歌を歌ってくれて心の中で泣きそうになったり

アベリアナスクールから表彰状をもらい、知らされていなかったのでとてもびっくりして
certificate.jpg
今までに貰ったどんな賞状よりもうんと嬉しい宝物になりました。
やってよかったな〜って、子供たちの笑顔を見てると心の底から思えます。


実は、このピアニカプロジェクトの始まりは、仙台での出来事でした。
この記事をお読みください。
毎日新聞2010.08.29.jpg

スマトラ沖地震と大津波の影響で、インドネシアで学校備品が足りていないとの情報を知った仙台市の高校生が声を掛けて集められたピアニカ。
そのピアニカが、仙台に住むプルメリアの関係者の耳に届き、僕たちPocoPocoがフィリピン・セブ島を訪問する際に楽器を持参し、音楽交流・音楽教育プロジェクトに役立たせてもらう事になったんです。

いま、その仙台が、大震災で被害を受けている。
その方々が居なければ、僕は今ここセブでこの子供たちの笑顔を見れていない。
偶然にしては出来過ぎているようなこんな話に、大変心が痛みます。



被災地から遠く離れたセブに居る僕にいったい何ができるんだろう、とずっと考え、自分の無力さにひたすら悔しさを募らすだけでしたが、必死で頑張っている仙台の皆さんに、日本の皆さんに、この言葉にならないほどの感謝を今伝えたいという思いだけは溢れ続けてきました。

今日のアベリアナでの練習で、このプロジェクトの経緯と日本の直面している現状とを子供たちに伝えました。
付け焼刃で立派な演奏では無いかもしれませんが、30分で、グループみんなで新曲のアンサンブルが出来るようになりました。歌詞を説明し、皆で「上を向いて歩こう」を練習しました。ぜひ、聴いてください。



皆さんのおかげです。
ピアニカとの出会いが、音楽との出会いが、アンサンブルとの出会いが、今セブで確実に子ども達を笑顔にしています。子ども達に責任感を与え、チームワークの喜びを伝えています。

dandelions pray for japan.jpg




悔しい事に、直接の力になれるような支援は何もできません。
ただ、皆さんのおかげで生き生きと音楽と向き合っている子供たちの姿を、そして彼らの皆さんに対する心からの感謝を、一刻も早く被災者の皆さんに届けたい。

メンバーからの感謝とお祈り、激励のメッセージです。
walk with your chin up!.jpg




皆さん、本当にどうもありがとうございます。

僕には正直、いま日本がどんな状況にあるのかリアルに掴めていません。
それでも、これから僕たちが、今までに経験したことのないほどの大きな困難を乗り越えていかなければならないことはわかります。

憔悴されている被災地の方にこんな事を言うのは酷なことなのかもしれない。でも。
皆で力を合わせて、希望を失わず、笑顔を忘れず、歩いていきましょう。

上を向いて歩こう。 WALK WITH YOUR CHINS UP!!


最後にもう一度。

ピアニカチームを代表して。

本当に、本当に、ありがとう。
posted by ぷー at 02:15 | Comment(4) | 音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

原点の現状。ピアニカ1年半の軌跡…(大袈裟?笑)

今日は、NGOの奨学金の配布で、恒例のサンガット→モアルボアル→バディアンと回ってきました。

ただですねー

昨日お友達の皆と愉快に楽しく飲みすぎて二日酔いだった
+
タクシーが新車で独特の臭いがキツい

と悪条件が重なりまして、昼過ぎまで死んでいましたがく〜(落胆した顔)ごめんなさい。道路に嘔吐しましたドコモポイントごめんなさい。

久しぶりの海!セブはやっぱり海ですね!しかもモアルボアルの海ですね!
photo.JPG
SDカード入れ忘れという痛恨のミスによりiPhoneで撮影。
水平線は平らだけど地球は丸いって知ってるからなんかアーチ状に見える気がしたりしなかったり。


さてさて、今日一番の楽しみはバディアンのマチュティナオ小学校です手(グー)

このマチュチナオ小学校、僕の所属する日比交流サークルPocoPocoが初めてピアニカを寄贈し、音楽交流プロジェクトの第1弾となった学校です。
matutinao bamboo.jpg

去年8月の毎日新聞に取り上げられたのは、この時の出来事なんですね。
毎日新聞2010.08.29.jpg

ただ、実を言うと、やはり指導者がいないという問題、そして楽器を「いつも鍵がかかっている校長室」で管理していたこと等の理由から、あまり子ども達が僕たちの寄贈した楽器に触れることなく、うまく本来の目的である音楽教育にも活用されていない…という事がわかっていました。

そこで、(僕は授業があったので同行できなかったのですが)前回9月メンバー来比時に先生や生徒達と話し合いをして、「3月にまたPocoPocoがやってくるときに、演奏を聴かせて!そのために、楽器を使って練習してね!」と約束をしたのです目

それから数カ月。
この小学校に、前回の奨学金配布に行かれた権兵衛さんから
「偶々遭遇したんだけど、マチュティナオの子たち、ピアニカ使ってなかなか立派な演奏してたよ。」
とのこと。

お!ちゃんと練習に活用されてるんだ!と思い、ぜひ自分も直接聴いてみたいなーわーい(嬉しい顔)ということで、今回はわざわざ自分が行ける土曜日に日にちを設定してもらって、子ども達にもわざわざ集まってもらい、練習の成果を聴かせてもらってきました!

じゃじゃーん。こんな感じでした↓


思ってたよりすごいどんっ(衝撃)

6年生の生徒達なんですが、担任の先生が少し音楽をかじっていた経験があるらしく、楽器を使って音楽の授業を行っているそうです。
音楽の授業は週に3回ほど。ピアニカが寄贈されるまで子ども達に器楽を学ぶ機会は無かったのでとても助かっているとの事ですひらめき嬉しいですねドコモポイント
PocoPocoとの交流会でピアニカの魅力と楽しさを知った6年生の子ども達が、積極的に練習に取り組んでいる模様!


ちなみにこの先生の授業法は
1.楽譜上の記号の意味を理解させる
2.歌って覚えさせる
3.ピアニカに挑戦!

とのこと。

たしかにこの「頭に曲をインプットしてから楽器で実践」は大事なとこで、完成の速さが違います
今日見せてくれた動画のパフォーマンスは、なんと2日しか練習していないそうです!圧巻犬
既にかなり基礎力がついてるんだろうな。

ハモリのあるアンサンブルに発展させていくとかこのピアニカの最大のチャレンジ。
うまくそのステップアップを手助けできないもんだろうか。。

この先生のように、ある程度の知識と経験があって適切な指導ができる人材がいて、練習する場やコミュニティ(今回の場合6年生の音楽のクラス)が既に存在すると、楽器の活用の度合いが全く違ってきます。

この前提をクリアしている相手を対象にプロジェクトを続けていけば、しっかりと結果が出てくるだろうな、と実感手(グー)

そして、今日先生と話していると見えてきた問題で
「23台の楽器を寄贈されたけど生徒の数が33人。練習のときは1台の楽器を2人でシェアすればいいけど、全員が参加して一緒にパフォーマンスをする事が出来ないのが残念…。」

たしかに、せっかく皆で練習したんだから、一緒にアンサンブルしたいよね。
できることなら追加の楽器がほしい、という事でした。
一度渡してはい終わり、ではなく、モニタリングはしっかり続けて、何が問題でいま何が必要なのか責任もってチェックしていくことも大事です。

このマチュティナオのように、楽器さえ投入すればそれをしっかり有効活用できると判断できる土壌があると、寄贈後の効果も保証されているので検討しやすくなりますね。

この学校がモデルケースとなり、他の学校にもこの良い例が広がっていけば良いなと思います。
音楽の楽しさを学校にもっともっと。合奏の経験から学ぶことは本当にたくさんあります演劇

マチュティナオは小学校だから、先生が生徒に教えるっていう仕組みさえ成り立てばOKだと考えているんですが、
今回のように運良く楽器が演奏できる先生がどの学校にいるとも限りません。
そんな学校にも、この音楽教育のチャンスを広げられるように、やっぱり指導者養成は大事だなと実感しました。

今はシティのアベリアナの高校生を指導者として育てている最中ですが、マチュティナオの様な田舎(郡部)でも、「学んだ人間が新たな参加者を育ててゆく」サイクルを作り上げられればいいなー。試行錯誤。


まだまだたくさんの修正を加えながらやっていく必要がありますが、子ども達が演奏を楽しんで、演奏後に充実した笑顔を見せてくれるのを見ると、うん、やっぱり続けたい、そう感じました!


日付変わって今日はセカンドチャンス孤児院のアクティビティの日ですが、彼らにピアニカ教えるのももう残り数えるほどの回数になってきました。一回一回出来るだけの事をやってきたいと思います!
セカンドチャンスのレッスンも、施設の移転に合わせてちょっと仕組みを変えてみたので、どんな様子かまたご報告したいと思います。

ところで
3月27日に最終帰国が決まりました飛行機

今年に入ってからは本当に1週間1週間が過ぎるのが早いです…。
終わりが見えると焦ってくるもんで、やり遂げたいこともたくさん浮かんできております。
もちろん1年間かけてやってきたピアニカプロジェクトは思い入れも強く、
3月13日に最後のピアニカ合同発表会をやろうと思ってますんで、そこに合わせて全力投球で仕上げていきます!
クラリネット奏者として、アベリアナの子たちととあるジャズの大曲でコラボする予定手(チョキ)楽しみだな〜。


今週はチラっとバンコクに旅行してくるのですが、帰ってくると本当に最後までフルスロットルです。


週末からは2週間うちの大学に東洋大学から団体で学生ビジターが来るので、そのお世話係になってたり。
その翌週末にはプルメリアに新たに2人の研修生が到着されたり。
3月にはPocoPocoはじめ中大生や他の学生団体さんがやってくる予定もびっしり。
今日本に帰っている、セブで知り合った友達も皆さんこれからどしどしこっちに戻って来られるようです。
そんで最後はHELL MONTH(試験とレポートの鬼月間)の再来!

燃え尽きて帰るぞーどんっ(衝撃)おーパンチ
まずは3日後までに感想を提出せねばならん600ページのリーディングです。はぅ。

なんかねー最近は本当に良い出会いがたくさんで幸せです。
喋ってて楽しい人とばっかり出会う。素敵なことだね。だからビールはやめられないビール

今日は実はニュー・セカンドチャンスのお披露目会だったらしく、ご招待を受けていたのですがフィールドワークの為参加できませんでした。議員とか役人とかも来てたらしい。
それから大学ではオタクフェスとミスコンをやってたらしい!笑
クラスメイトがミスUPセブになったそうです。おめでたす。才色兼備。
全てをレポートできず残念!

関係ないんですが、4月から引っ越し後の家で使う洗濯機とガスコンロ(2口)を求めてます。
もし高幡不動近郊で手放す予定のある方、もしくはそんな話を聞いたって方がいらしたらぜひ情報お願いしますm(__)m


では!今回は僕の将来の夢:森山直太朗のこの曲でお別れしましょう〜
posted by ぷー at 02:34 | Comment(3) | 音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

ピアニカ隊、SMデビュー!〜日本語弁論大会にてアンサンブル披露しました!

1月29日土曜日、セブでは日本語を学ぶ若者たちが参加する日本語弁論大会が開催されました。
benron taikai poster.jpg

会場はSMトレードホール!広い!
speech contest.jpg

お客さんもこんなに居るとは…!
日本人会の関係者の皆さん、それから参加者の家族…ざっと150くらいは入っていたんじゃないかな。
参加者の皆さんも、感情こめて一生懸命頑張ってました!お疲れ様です。

実は、この弁論大会の中で
アベリアナのピアニカチームが初めてお客さんの前でアンサンブルを披露しました!!

AAMCCさんという、こちらもセブの学校への楽器寄贈をされている団体と協力し、AAMCCさんが支援されているマボロ小学校の生徒さん達と合同でパフォーマンス♪

abellana performance.jpg
こちら僕の教えるチーム・アベリアナ!

初めて楽器に触ったのが12月、実質曲の演奏に挑戦し始めたのは1月に入ってから。
今回演奏した「津軽海峡冬景色」の楽譜は、なんと本番の2週間ちょっと前にようやく渡した…
というなかなかシビアなスケジュールだったんです。

ところが子ども達、一生懸命練習を重ねて、伴奏つきで演奏できるようになりました!

ぜひ当日の演奏をお聴きください↓

すみません、うまく動画の編集ができず…前半数十秒は飛ばしてもらって結構です。


果たして日本語弁論大会という場で子ども達に演奏させる曲はなにがいいかな〜犬と考え、
まずやはり日本の童謡なんかを考えてたんですが、んー。インパクトに欠ける。
で、思いついたのが津軽海峡冬景色

単純に自分がカラオケで歌いたい曲です(笑)
でも、よく考えたらリズムも単純だし、シャープもフラットもなく印象的で覚えやすいメロディー
これっきゃない!と思い、チャレンジしました!

子ども達も気に入ってくれて何よりです。
いつも一緒に熱唱しとります(笑)

元々は欲張って3パートに分けて、終わり方も盛大にアレンジしてたんですが、さすがに2週間ではそこまではいきませんでしたどんっ(衝撃)

ただ、しっかりお客さんを楽しませられる演奏はできた(はず?な)ので、合格点かな?と思ってますわーい(嬉しい顔)


実は、今回ステージに乗る条件として、本番3日前にオーディションを行い、そこで一定のレベルをクリアできたメンバーのみがピアニカを演奏できる、と約束していました。

実際に、このステージにはピアニカ奏者としては乗れなかった子も数人います目

でも、それ以上に、「ステージに立つ演奏者としての責任」を共有できたことは大きかったと思います。
オーディションまで皆しっかり自主的に練習を重ねてハモリの確認もやってましたし、完成度の高いパフォーマンスを披露することは客にとっても演奏者にとっても大切なことです。

ただ、ここで本当に難しいのが、オーディションで落選した子のケア

基本的に、たとえ合理的な理由があったとしても、怒られたり、否定されることに慣れていないこっちの人たち。
一度このような事があると、それ以降ぱたっと姿を見せなくなることも十分想定できます。

なので、オーディション前からオーディションを行う意義をしっかり説明し、たとえ今回ピアニカ奏者として参加できなくても次回は必ずチャンスがあるという事、理解して臨んでもらいました。

やはり、基本的な約束事やルールを守らなかった時にはきちんと叱らないと、一向に意識の水準が上がっていきません。
でも、あんまり怒ると、みんなプツっとそっぽを向いてしまうので本当に大変です(笑)


mabolo performance.jpg

こちらはマボロ小の子ども達。
大人数ですが、立派に「津軽の故郷」を演奏していました!
なるほど、ドラム(打楽器)があるとリズムがとても合わせやすくなるのだねひらめき学んだ!

I emcee.jpg
実は思わぬトラブルが発生し、あたふたしながらも何とか進行を務めさせていただきました(苦笑)


僕たちのパフォーマンスの後には、カラテキッズ登場手(グー)
karate.jpg
師匠的な人に殴られたりケツを蹴り上げられるという気合いと白熱のパフォーマンスには会場がどよめきがく〜(落胆した顔)
見事でした!

speech contest picture abellana.jpg
完璧からは程遠いものの、よく一生懸命頑張りました!
ステージを終えた後の笑顔を見て、ほっと一安心わーい(嬉しい顔)
また次の舞台に向けて、そしてこの経験をより多くの子ども達とシェアするために楽しくやっていこうモバQ

演奏をお聴きいただいた皆さん、どうもありがとうございました!
speech contest picture together.jpg
マボロ、アベリアナの生徒とともに…。
posted by ぷー at 03:51 | Comment(2) | 音楽教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。