2011年08月14日

カンボジアビールのまとめ!優勝は"Kingdom"ビールに決定!

さてはて、無事カンボジアを発ち今はマレーシアのクアラルンプールにおりますよ!

明日の昼だと思っていた4カ国目ブルネイへのフライトが実は今日の早朝だったことが数時間前に発覚し、急いで空港までやってきました!危機一髪!


ここでカンボジアで頂いたビール達の総括をしておこう!
(体調は万全に戻っておりますのでご心配なく!)


まずはカンボジアといったらコレ!
223755_2032301686303_1206987212_31857861_4001697_n.jpg
アンコールビール!でござる!!

味はやや薄め、後味スッキリで、底無しに飲めてしまうなかなか魔性のビールです。
日本人旅行者と話し込んで、ついつい10杯以上飲んでしまいましたw


シェムリアップの中心に位置する飲み屋街、パブストリートではだいたいジョッキ一杯が0.5ドル。約40円でいただけます!
ビンだと約1ドルってとこでしたかね。
カンボジアでは普通にUSドルが通貨として使えます!

つまみが少々値が張るのですが、定番の空芯菜にんにく炒めなんかにはよく合いました!




続きましてー
223057_2032284125864_1206987212_31857833_5897251_n.jpg
左からバイヨンビール、そしてクラウンビール

まとめていっちゃいますよー
285548_2032283525849_1206987212_31857832_5556784_n.jpg
象のマークのクランビール

んー。なんかね、カンボジアのビール、銘柄はたくさんあるのだけれど、
どれもなかなかの無個性w

味が薄く、苦味も抑えてあり、まぁスッキリ飲みやすいのだけれど、
少し酸味が気になったりして。

ちょっとイマイチだなぁ〜。。
コメントのしようがないな〜。。



なんて思っていた頃、最高の1本に出会ってしまいました。


それがコチラ!
285515_2035870535522_1206987212_31862098_5788786_n.jpg
キングダムビール!
なんかもうラベルから風格を感じますな!
程よい苦味と旨み、主張しすぎない存在感。
ナッツ系のつまみだけで十分楽しめそうな、非常に質の高いビールでした!

ドイツから原料を仕入れ、カンボジアで作っているビールのようです。
値段は少し高めの1.5ドルでしたが、それでも納得のクオリティ。
カンボジアに来たら、ぜひお試しあれ!


228938_2035871135537_1206987212_31862099_5083896_n.jpg
こちらはシティビール
残念ながらこのとき僕は既に酔いつぶれていたので味見をしておりませんw
ふらん曰く美味しくないそうです!


まだまだありまっせ。
お次のエントリーは


291721_2040671655547_1206987212_31867489_3570311_n.jpg
プノンペンビール!
無駄な酸味!これならアンコールで十分!



そして
293888_2040672175560_1206987212_31867490_6191080_n.jpg
一見Angkorと思ってしまうけどこちらはANCHOR!
フルーティな後味が残ります。女性なんかにはウケるんじゃないかなー。



ここで奇跡が起こります!
そのビールを飲むがためだけになんとか旅程に組み込もうとしていた国があるのです。
それは、ラオスのビール、ビアラオ。
184172_2040670455517_1206987212_31867486_6463482_n.jpg
普通にカンボジアの飲み屋においてた!!


hmm。
前評判で期待値が高すぎたからか、まぁ自分の舌にはあまり合わないかな。
こちらも非常にフルーティでスッキリしていて、ANCHORと近い風味でした。
ちょっと無理してラオス強行日程を組まなくてよかったと安心しました(笑)



ってなわけで相変わらずアジアビール大使の役目を全うしていた私ひでぶーだったのですが
そんなビール豪飲生活もいったんお預け。

そう、旅もついにイスラム圏に突入してしまったのです。

マレーシアでは一部ビールを置いている店がありますが、
高い!!日本と変わらない!!!

293324_2040673335589_1206987212_31867493_2643319_n.jpg
今日がんばって1本だけ飲んだカールスバーグ。やっぱ美味いね。けど高いね(涙)

そんでもって今日からは本当にビールなんて見かけないブルネイ・・・。

しばらくはダイエットに専念したいと思います!笑



はやくもビールが恋しいよう・・・
292129_2040672855577_1206987212_31867491_8171484_n.jpg
posted by ぷー at 02:30 | Comment(1) | 世界のビール録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

シェムリアップでNPO訪問第2弾!クメール音楽を演奏する子ども達とセッション♪

ついさっきシェムリアップからプノンペンに移動してきました!ゴツゴツ道を狭い寝台バスでなかなかの不快感ですw

シェムリアップでのネタがたまりまくっているのですが、まずは2つ目のNPO訪問の報告を!

市内からトゥクトゥクで行くこと30分。


image-20110812082815.png



今回お邪魔したのはNGO Bright Smiles of Children(BOC) さんです!


image-20110812082835.png



シェムリアップ周辺の貧困家庭(あるいは家庭の無い)子どもを引き取り共同生活を送らせ、教育を受けられる環境を提供している日本のNPOです。
僕が昨年度研修していたセブのNGOプルメリアと、エルセラーン化粧品という共通のサポーターがついており、今回はその縁で権兵衛さんからご紹介頂きました。

カンボジアの学校は午前中のみということ。
学校から帰った子ども達は、センターで更に日本語、英語、音楽の授業を受けています。



そう、音楽!!


クメール民族の伝統楽器を皆で勉強しているそうです!

リクエストをお願いすると、実際に何曲も披露してくれました!


image-20110812082850.png



とても眠くなる旋律とリズムで、心地いいカンボジアの風に吹かれついウトウトしてしまった程なのですが、
いや〜、上手い。
非常にレベルの高いアンサンブルで驚きました。

自分達の培ってきた文化を学び直し、極め、披露するって、一国の国民にとって実のあるアイデンティティと誇りの積み重ねだろうな。

ポルポト政権時代に文化が廃れ、文化人が絶えさせられた近代の歴史を乗り越えてこうして自分達の源を探って行く、エネルギッシュだなと感じた。

日本にはそういうエネルギーって残ってんのかなー。



image-20110812082912.png


なんと子ども達のクメール楽器と自分のクラリネットでちょっとしたアンサンブルも出来ましたおやゆびサイン

気持ちよかったー。
プチクラリネット講座も開催。


image-20110812082934.png

image-20110812082946.png




教育環境という意味でも、庶民のおかれた経済水準という意味でも、フィリピンと非常に近いものがある様に思いました。

違うのは、カンボジアの場合まだまだ内戦の遺産が人々の生活に暗い影を落としているということ。


image-20110812083009.png

image-20110812083030.png



地雷撤去活動にも日本のNPOは積極的に関わっているようですが、身体に障害を抱える人、そして何よりクメールルージュによる知識層の虐殺は国の発展の大きな妨げとなっているに違いありません。

訪問したNGOのスタッフさんに
「今のカンボジアの政治はどうなの?」
と質問すると、少しはにかんで

「政治の話はしたくないんだ。政府に聞かれたら殺されるかもしれない。」

と彼は一言呟きました。


強権政治と過去のトラウマ。
民主化支援こそが、今の日本や国際社会がカンボジアに対して行うべき最優先課題だなあ。
少なくともASEAN共同体の創立を間近にして、まだまだ各国の心理的な部分を含めた民主化の足並みは揃っていないな、と。





カンボジアの人たちもまた、非常に朗らかで陽気で優しいです。

子ども達も少しシャイだけどやんちゃで元気。
たくさん笑わせてもらいました!

音楽の授業を少し見学した時に、
民族音楽の第一人者的な人が教えていたんですが、
先生の表情が本当に真剣で。


image-20110812083102.png

image-20110812083115.png



相手が子どもであろうと容赦なく、
誇りをかけて伝統を伝えているんだという緊張感が見ているこっちまで感じられました。

なんというか、
自分のフィールドで怒れるって、すげえなと。

今の自分には、怒るほど人に真剣に伝えられるものはないなぁ。


師と呼ばれる人を大切にしたいし、
自分も少しでもそんな人間に近づけたらな、
また色々考える時間でした。



今回の見学を受け入れて下さったBOCさんに感謝!楽しかったです!!





蛇足

image-20110812083135.png

こっちのスコール凄まじい
posted by ぷー at 10:33 | Comment(0) | NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェムリアップでNPO訪問第2弾!クメール音楽を演奏する子ども達とセッション♪

ついさっきシェムリアップからプノンペンに移動してきました!ゴツゴツ道を狭い寝台バスでなかなかの不快感ですw

シェムリアップでのネタがたまりまくっているのですが、まずは2つ目のNPO訪問の報告を!

市内からトゥクトゥクで行くこと30分。

[[image-20110812081808.png]]


今回お邪魔したのはNGO Bright Smiles of Children(BOC) さんです!

[[image-20110812081827.png]]


シェムリアップ周辺の貧困家庭(あるいは家庭の無い)子どもを引き取り共同生活を送らせ、教育を受けられる環境を提供している日本のNPOです。
僕が昨年度研修していたセブのNGOプルメリアと、エルセラーン化粧品という共通のサポーターがついており、今回はその縁で権兵衛さんからご紹介頂きました。

カンボジアの学校は午前中のみということ。
学校から帰った子ども達は、センターで更に日本語、英語、音楽の授業を受けています。



そう、音楽!!


クメール民族の伝統楽器を皆で勉強しているそうです!

リクエストをお願いすると、実際に何曲も披露してくれました!

[[image-20110812081857.png]]


とても眠くなる旋律とリズムで、心地いいカンボジアの風に吹かれついウトウトしてしまった程なのですが、
いや〜、上手い。
非常にレベルの高いアンサンブルで驚きました。

自分達の培ってきた文化を学び直し、極め、披露するって、一国の国民にとって実のあるアイデンティティと誇りの積み重ねだろうな。

ポルポト政権時代に文化が廃れ、文化人が絶えさせられた近代の歴史を乗り越えてこうして自分達の源を探って行く、エネルギッシュだなと感じた。

日本にはそういうエネルギーって残ってんのかなー。


[[image-20110812081929.png]]

なんと子ども達のクメール楽器と自分のクラリネットでちょっとしたアンサンブルも出来ましたおやゆびサイン

気持ちよかったー。
プチクラリネット講座も開催。

[[image-20110812082005.png]]

[[image-20110812082017.png]]


教育環境という意味でも、庶民のおかれた経済水準という意味でも、フィリピンと非常に近いものがある様に思いました。

違うのは、カンボジアの場合まだまだ内戦の遺産が人々の生活に暗い影を落としているということ。


[[image-20110812082036.png]]

[[image-20110812082050.png]]


地雷撤去活動にも日本のNPOは積極的に関わっているようですが、身体に障害を抱える人、そして何よりクメールルージュによる知識層の虐殺は国の発展の大きな妨げとなっているに違いありません。

訪問したNGOのスタッフさんに
「今のカンボジアの政治はどうなの?」
と質問すると、少しはにかんで

「政治の話はしたくないんだ。政府に聞かれたら殺されるかもしれない。」

と彼は一言呟きました。


強権政治と過去のトラウマ。
民主化支援こそが、今の日本や国際社会がカンボジアに対して行うべき最優先課題だなあ。
少なくともASEAN共同体の創立を間近にして、まだまだ各国の心理的な部分を含めた民主化の足並みは揃っていないな、と。





カンボジアの人たちもまた、非常に朗らかで陽気で優しいです。

子ども達も少しシャイだけどやんちゃで元気。
たくさん笑わせてもらいました!

音楽の授業を少し見学した時に、
民族音楽の第一人者的な人が教えていたんですが、
先生の表示が本当に真剣で。


[[image-20110812082112.png]]

[[image-20110812082128.png]]

相手が子どもであろうと容赦なく、
誇りをかけて伝統を伝えているんだという緊張感が見ているこっちまで感じられました。

なんというか、
自分のフィールドで怒れるって、すげえなと。

今の自分には、怒るほど人に真剣に伝えられるものはないなぁ。


師と呼ばれる人を大切にしたいし、
自分も少しでもそんな人間に近づけたらな、
また色々考える時間でした。



今回の見学を受け入れて下さったBOCさんに感謝!楽しかったです!!





蛇足
[[image-20110812082153.png]]
こっちのスコール凄まじい
posted by ぷー at 10:25 | Comment(0) | NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

蛙、蜘蛛、偽鼠。

無事腹痛を乗り越えカンボジアはシェムリアップにやって来ました。

国境越えバスの道中はとにかくお腹を刺激しない様に、動かない様に…と極力存在感薄めで頑張りました。


たまたま後ろの席に座っていたのがフィリピン人おばさんグループだったので、

「下痢止めとか持ってないよね青ざめ青ざめウンチマーク?」

と聞くと、
「ちょっと待って、いま探してみる!でも下痢にはリンゴがいいから食べなさい!リンゴ持ってる?なかったらバナナでもいいの!それからこれ食べなさい!」

といって差し出されたのはクラッカー。

胃にキツイわ!

んで国境越えの日にリンゴもバナナももっとらんわ!!

相変わらずお節介で愉快なフィリピン人です笑



13時間のバス移動、途中何度もトイレ休憩がありまして、その度ぼくは念のため腸の中に残った排泄物を出し切ってきたのですが、


image-20110810170457.png

ヤバイとこ来たなーっていうね。
トイレ脇でタランチュラの佃煮売ってる!!

※僕はネタ作りの為に自分の身を削るほどの男ではない。

普通に同じバスに乗っていた男の子が脚を一本一本むしって笑顔でバリボリ貪っていたので、邪念が心に育っていないピュアな貴方にはお勧めかもね。



image-20110810170812.png
こちらは、頂きました。
カエル炒め!

田舎の方の食堂で、メニュー表もなく何を注文していいのかわからなかったので
「この人が食べてるのと同じもの!」
みたいに頼んだらこんな結末が。

味は…
まぁ鳥と魚の間って感じで可もなく不可もなく。
一度中国で食べてたこともあり、普通でした。
骨が多くて食べるのが面倒くさいから、あんまり好きじゃないかなあ。


image-20110810171110.png
これは昨日の晩御飯を食べたレストランの店頭に立ち尽くす偽ミッ○ーマウス?酷い!



スキ(アジアのしゃぶしゃぶ?)が食べたい!って事でやってきたスキ屋さん。
とりあえず色んな具材がセットになってるメニューを頼むと、


image-20110810171409.png
いやいや、デカ過ぎでしょ。

頑張って2人で4人前平らげてきました!
これでここまでの下痢ダイエットも水の泡じゃい。



今回はグルメレポートに徹してみました!

ちなみにいまアンコールワット!
20ドルの入場料を惜しむ僕達は、17:30の無料開放まで目の前のカフェで粘っております!


posted by ぷー at 19:19 | Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

ベトナムのビール制覇!バイクの国にさようなら(^0^)/




てなわけで昨日がベトナム最終日!!





となるはずだったところですが、体調不良が長引いたため、僕は一人今日までベトナムに残ることになりましたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
相方のふらんはバスでカンボジアに一足先に向かっておりますバスちょうど今プノンペンあたりかな?

自分は明日の早朝6時半発のバスで追いかけることにします!!



と、腹痛で今朝のバス移動をあきらめた自分がこんな事を書くといろんな人に怒られてしまいそうですが、
まぁ事実なので仕方なく書く!


昨日はベトナム最後の夜になるはずだったので、まだ飲んでいない銘柄のベトナムビールを飲みつくしてきました!笑


だってネットで調べたら正露丸とビールの飲み合わせは悪くないって書いてあったから・・・はい言い訳すいません(泣)


宿の近くの店どっか適当に入ろうや〜ってふらんに決めさせた最後の晩餐レストラン
262478_2026770828035_1206987212_31850508_4100456_n.jpg
ここはもう最高でしたね!
ベトナムで一番お気に入りました。
注文したのは麺の入ったワンタンスープ。
お腹の調子の優れない自分は

「こういうの食べたかった〜モバQ

と幸せを感じたのでありました。

さらに何が良いって、
282013_2026771348048_1206987212_31850511_799959_n.jpg
店員さんがめちゃくちゃ可愛い目

い、いや、そんなスケベな意味ばかりではなく…
なんかもう気も利くし、いちいち親切だし、そんでいて美人だし、

ベトナムの女性かなりポイント高い!
これまで巡った国々の中で女性のレベルは果てしなく最高かもしれない!!
この国を去るのはなんだか惜しいなぁ〜。むーん。

と余談はこの辺にして(笑

このお店で飲んだビールはこちら
254731_2026770548028_1206987212_31850507_8076776_n.jpg
第5号
ゾロックビール!!

うん。苦味と酸味のバランスがすばらしい。
2種類のモルツをブレンドして作っているビールのようで、
後味スッキリな爽やか系でした!
昨日の組み合わせのように、スープ系の料理にも合います。
値段はサイゴンビールよりやや安めの設定。悪くないですよ。



そうだそうだちょっとは観光もしたってことをアピールしときます手(グー)
228894_2026768907987_1206987212_31850498_4242435_n.jpg
ほらね。

205856_2026767987964_1206987212_31850496_7797291_n.jpg
ほらほら。

263351_2026767507952_1206987212_31850495_7141678_n.jpg
あ!ジョビリーな!!

正直あんまり観光とか興味がなかったりするもんで(笑)


あ、ただね、
282573_2026770188019_1206987212_31850506_877577_n.jpg
これは気をつけたほうがいいです。
車が赤信号でもバイクは普通に青だったりして、いつどこからバイク飛び出てくるかわかんない!

まぁバイクの運転手も歩行者をよけるスキルは相当みたいなので、むしろ逆に堂々と道を横断するほうが歩行者は安全なのかもしれないという悟りの境地にたどり着きましたよ信号


262429_2026764587879_1206987212_31850487_4342604_n.jpg
デタム通りの有名な旅行エージェント「シンカフェ」でシェムリアップ行きバスのチケットを買い、無事に用事は終了したのでありました。
(お察しのとおり僕は今日もう一度この場所に行く羽目に)


さ、あとは明日のバス移動に備えて寝るだけだね!
252154_2026772068066_1206987212_31850513_3042534_n.jpg
部屋で正真正銘のラストビール、この旅第6号

GOLD BEN THANH

を頂きました!

うん!まずい!
なんだか酸っぱい発泡酒って感じ!
もうノーコメント!
って気分だったのでわざわざコンビニに333を買いに行って飲みなおしてああしてこうしてカクカクシカジカ・・・

一応ホーチミンで僕らが見かけたローカルビールは全て飲みつくしましたぜ!!
(あ、各ビールのCM撮影中です。近日公開お楽しみに)

ってしてたらふらんは激しい二日酔いがく〜(落胆した顔)、自分は腹痛の悪化がく〜(落胆した顔)に苦しむ運命が待っていたとさ。


ではベトナムの記録はこの辺で締めたいと思います!
次はカンボジア・シェムリアップ!あのアンコールワットの街だ!
NPO訪問第2弾も待っています。わくわくだー!





蛇足
ベトナム、フィリピンと比べて、女性の物売りが多い。
「男の仕事」ってイメージがあったけど、こうやって女の人も社会の色々な仕事を共有しているんだなと感じた。

Memo:
ベトナム語で「乾杯」は”モッパイバーヨー”
posted by ぷー at 15:59 | Comment(3) | 世界のビール録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。